« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の39件の記事

2005年3月31日 (木)

もう成田?

今日インドから戻ってくるお兄ちゃんを成田に迎えに行こうか、やっぱりやめたと夕べ書いたけど、今(9AM)電話があった。もう成田に着いてるって。9時6分の電車に乗って帰るからって。
迎えに行くも何もないじゃん、と心の中で思う。「飛行機はお昼」って書いてたのに。
サン○○○の顔をちょっと見たかったんだけどね~~。

あっさり帰国だ。まあそんなもんかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンギョウ

05-03-31rengyo1-400この黄色の花が咲いてくると、春だなあと思う。
棒きれのような枝に、急にたくさんの小さな芽が吹いてくると、春の力強さを感じる。

子どもの頃、親戚の大きな庭にレンギョウの木があって、そこで同じように遊んでいた妹は、その大きなレンギョウがオバケのようで好きじゃなかったって言われたことがあった。
私は、そのしだれるように咲くレンギョウが好きだったので、自分の庭にはレンギョウを植えようと思っていたのにね。
人それぞれで、そういうのもまた面白いなーと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月30日 (水)

明日帰国

3月13日にインドへ旅立ったお兄ちゃんが、明日ようやく帰ってくる。
22日のメールを最後に連絡はなし。
20日にサン○○○たちとコルカタで合流したので、親はもう心配はしていないだろうということなのだろう。
(22日のメールには、近況はちょっぴりで、テレビ番組の録画をしておいてくれ、ということのメールだった。呆れた。)

今回はhotmailをとってそれでインドのネットカフェから連絡をしてくれたのだけれど、携帯でも国外で使える携帯を持って出かけるほうが便利だろうとも思う。
今回、金目のものは何一つ持っていっていなくて、携帯も最初から持参する気なしのおにいちゃんであった。

明日は成田へ行こうかとも思ったけど、オットは「どうして行くの?」と母親の気持ちは理解できないよう様子。

やっぱり明日は行くのはやめだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お兄ちゃんの部屋を掃除しに

29日の日記。
お兄ちゃんがここを出て、都内の大学近くの部屋を借りたのはちょうど1年前。
あれからただの一度も私はその部屋へ行っていない。
「ひどいねー。」と冷たい親のように言うお母さん仲間もいるけど、20歳を過ぎた息子のところへわざわざ行って、掃除やらおさんどんやらするの?皆んなは面倒がらずに息子のところへ行って、掃除してやってるのかなあと思う。
うちはお姉ちゃんが大学3年の夏から1年半、やはり大学近くに部屋を借りたけど、行ったのは引越しのときの2回(入った時と出た時)とあと一度(仕方なく行った)だけだ。車なら1時間もかからない距離なのに。お兄ちゃんも同様。

ところが、今回そのお兄ちゃんがインドへ行って3週間近く部屋を留守にしていて、1年ぶりだし、この際掃除でもしてやるかと、急にそういう気になった。
明後日には成田に戻ってくるし、私は明日は仕事があるわけで、行くとなったらもう今日しかない。でも、その気になったのがお昼をだいぶ過ぎてから。
午後2時半ころに家を出て、あちらに着いたのが4時過ぎだ。そろそろ日が暮れるころ。

部屋のドアを開けてみて、のけぞりそうになった。
これまでたまにお姉ちゃんやののが泊まることがあったので、そのたびに話には聞いていたけど、こんなにも物が散乱した部屋になっていたとは。

それから8時まで拭いたり掃いたり。漂白しては流し、またこすったり拭いたり。途中洗濯をしつつ、物を捨てては整理したけど、やってもやってもまだまだある感じ。
部屋が案外広いし、もともと物がたくさんあるわけではないので、やりようによってはこぎれいな部屋になるのになーと思う。
途中6時過ぎに、日比谷にいるというののに寄ってもらった。一緒に8時まで掃除をして、もうそれ以上は長居できないので帰ってきたけど、最初の汚さから比べたら、見違えるようにきれいになったと思う。
明後日お兄ちゃんが帰ったら、「汚かったぞ!」と恩着せがましく言ってしまいそう。

帰りの電車の中で2人とも爆睡した。ののはサークルの活動があって、最初から疲れきっていた様子だった。
駅に着いてから家に帰る前に、ののが一度行きたいと言っていた餃子やに寄って、2人で遅い晩ご飯を食べた。夕方から開く店なので、入ったのは初めて。予想外に、ここいらとしてはこじゃれた店だった。
今日はオットは晩ご飯いらないと言っていたので都合がよかったけど、10時近かったのでそろそろ帰宅するんじゃないかと、2人とも気が気じゃなかった。携帯はつながらないし(いつも切ってる)家のカギは持たない主義だし。そういうの、ほんと、困る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月29日 (火)

恵比寿へ行ったら

05-03-29hanakanzashi2-250恵比寿ガーデンプレイスって、最後に行ったのはいつだろか。去年は行ってないと思うし、それじゃあ一昨年?もっとかな?
妹に緊急に渡す書類があったので、それじゃあ都内で、ということにしたのだが、せっかく出かけるのでおしゃれな所がいい。それで恵比寿ということになった。

久しぶりの恵比寿ガーデンプレイスには見たことがない建物がくっついてできていて、お店も増えた感じ。
それと、広場には白とピンクのマーガレットがびっしり囲みの中に植えてあって(たぶんポットだ)、加えて、駅からガーデンプレイスに続く動く歩道脇には、ピンクのマーガレットのポットがずらりと並べて飾ってあった。
これがまた、ここいらのガーデンセンターでは見たこともないような、育ちのよいマーガレットばかり。
どのポットも、きっちり管理され手をつくして育てられたようで、花びらの美しさはもちろん葉っぱの整い具合は、作り物かと思うくらい。普通、葉っぱが一部茶色くなってたり下のほうに黄色っぽいのがあったりするでしょう。(栄養不足ってこと。)そういうのがまったくなし。お金かかってるなあと変なところに感心してしまった。
搬入されたばかりのようだったので、特にきれいなのはそのせいかとも思ったけど、恵比寿の駅構内の花屋の花も同様で、どれもこれも一筋の乱れも汚れもないカンペキなお花たちである。改めて都会の花はあれじゃないと売れないんだろな、と感心したりあきれたり。
お値段はと言えば、手がかかってる分、それはそれはお高くて・・・。恵比寿に行ってお花に仰天して帰るなんで思わなかった。
恵比寿のマーガレットの写真はないので、代わりにうちのリビングの花を一枚。(意味ない?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月28日 (月)

ラナンキュラスのコンテナ

05-03-27yoseue400よそのブログを見ていて、ラナンキュラスが華やかできれいだったので、「そうだ、うちもラナンキュラス植えよう!」と先日ガーデンセンターへ行ってみた。
ゆっくり考えて購入する時間がなかったので、私としては珍しくぱっぱと手に取って、さっさと買ったものばかり。
ほんとはもう少し高さのあるものが後方にあるとよかったけど、ラナンキュラスもその左後ろのノースポール(2株)も、これから立ち上がってくると思うので、もう少しは今よりメリハリ利いた感じになるでしょ。右後ろのレウカンセマム・アフリカンアイズっていう白い花が面白い。
ラナンは5株入っていて、ピンク濃淡の2種3株とパープル2株の、同系色っぽい色のみにしてみた。
まだそれぞれが小さいのでこんなもんだけど、これから株が大きくなったらかなり見栄えすると思う。どうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アークトチス

05-03-27ark4003ヶ月近く前に地植えしたキク科のアークトチス。ワイン色とオレンジっぽい色がそれぞれ2株ずつ、計4株植えてある。ようやく冬を越して、これから大きくなってくれるはず。

霜にも雪にも負けずに花芽はずっとできていた。葉っぱも花も華奢ではなく、特に葉っぱはごわっとした感触。しっかり開いた花は力強い。
でも、これがなかなか美しいと、私的にはけっこう気に入ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の庭仕事

05-03-27niwa40027日の日記。
仕事は休みなので今日こそはコンテナの整理をするぞと、朝からそのつもり。午前中はずっと庭にいた。

去年の植物で、生きているのかもうだめになってるのかわからないものがいくつもあって、どうしようかと枯れ枝をじっと見ていると、節々にかすかに小さな芽が。
それと、地上部がまったくなくなり、これからちゃんと出てくるのかわからないものにも、ちっちゃな芽が。危うく捨ててしまうところだった。
いくつものコンテナを整理して、ようやくきれいになったと思う。去年よりもパンジー・ビオラが少ないけど、春の庭らしくなった気がする。

金曜日(25日)に1時間ほど運動したら、翌日から筋肉痛。いったい何をやったんだと自分でも思う。今日も痛くて歩くのもおたおたしていた。けど、いかにも「運動しました」っていうこの状態がちょっと嬉しいような・・。
今朝は昼すぎまで庭でごちゃごちゃ作業をしていて、夕方は歩いてコンビニまで行った。往復でも3キロはないと思うけど、これまたちょっと運動した気になっていい気分。(花粉が気になるけどね。)
道すがら、あちらこちらでリカちゃんパンジーを見かけた。あんなすごい人気とは。ガーデニング人口、多いなあ。どこのリカちゃんもこんもり盛り上がってきれいに咲いていて、うちのリカちゃんがみすぼらしく見えた。

明日は妹と会うので、都内へ出かける。久しぶりの恵比寿!お天気はどうかな?・・雨だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月26日 (土)

クリスマスローズのイエローブロッチ

05-03-25yellow40005-03-25yellow400c今朝出がけに、大急ぎで撮ったイエローブロッチ。咲いているのにはじめて気づいたのが数日前。まったく気にとめてなかったので、「あれ、いつの間に」とびっくりした。

一昨年の秋、空いていたコンテナに無理やり寄せしていたものだけど、初めての冬は咲かず、今回が1回目の花。
黄色は黄色でも、やわらかな黄色。点々はエンジ色。この点々が可愛い。

オリエンタリスは白、赤紫、黄色の3種。それと、白い「はくわ」、このイエローブロッチ、そしてもうひとつエリックスミス。これがうちのクリスマスローズの全部。

エリックスミスは、なんとまだこれから。なにをしてたんだか、今頃葉っぱが芽吹いている有様。ちゃんと咲くのかなあ。
2004年のクリスマスローズのページには、エリックスミスが載ってるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月25日 (金)

壁紙変えました!

これを24日付けの日記にしようと大急ぎでログインしたけど、やっぱり間に合わなかったみたい・・。12時直前に慌ててタイトルだけでもアップと思ったのに、この直前書いた「ヒヤシンス」共々25日になってしまってる。残念!

今日は仕事なしなので、朝のうちに運動しに行こうと思っていたのに、結局は家にいただけだった。
ガーデンセンターにも行くはずだったのに、これもやっぱり思っただけ。
大量の洗濯物(3人しかいないのに!?)をして、中途半端な掃除をして、だらだら片付け物して、合間にしょっちゅうパソコンして・・・。そのうちお兄ちゃんからメールが来たのを発見して、返信したりして。
パソコンをあけたら、時間が経つのはあっという間だ。

今年のうちの春の花は、なんだか少ない。パンジーの数がまず少ない。
それでも咲き始めた花を見ては、毎日のように写真を撮るので、それを取り込んであれこれやってると時間がどんどん過ぎていく。
こんなに狭くてもこんななのに、広い庭の人はどうしているのかな。
植物の世話と写真とHPのアップとで、何時間あってもきっと足りないでしょ。
それと、パソコンの前に座ったらそのままずっとのことが多いので、足とおしりの血流止まってる感じ。ますます運動不足。

あ、そうだ。今朝ここの壁紙変えてみた。
ただの濃いグリーンのから、この若草色のにしたけど、もっといっぱい種類があるといいなと思う。有料のだともっと選択肢があるのかな。
それと、変えてわかったけど、壁紙の横幅がそれぞれちょっと違うんだね。今回のは前のよりも幅が広い。以前のを読み返して、改行して書いてたところのバランスがくずれてるのがわかって、ぎょっとしているんだけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒアシンス

05-03-24hyacinthous1-400うちの地植えのヒヤシンス。優しいピンク色。

数年前から植えたままだけど、それでもこうやって毎年出てきている。ほったらかしで毎年出てきているだけあって、最初のときのびっしり咲いた花が、まるで面影なし。
でも、植えて初めて、ヒヤシンスってこんなに手間のかからないものだってわかった。

たった5球だけど、周りに小さな球根もできているよう。いくつも葉っぱの小さいのが出ている。可愛いもんだね。
写真は今朝の撮りたて。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年3月23日 (水)

ガザニア

05-03-23gazania2-400写真は今朝撮ったもので、1ヶ月前に苗を買って植えかえたガザニア。花が大きい。
今日はずっとお天気が悪かった。日中留守をしていたのでよくわからないけど、日が射さなかったら花が開かないガザニアは、今日はきっと開かずにこの状態だったと思う。

ガザニアは、模様がくっきりしたインパクトの強い花なので、つい2,3年前まではちょっとl購入する気にならなかった。今はかなり気に入っている。

ガザニアのごく普通のは1年草かと思っていた。(宿根ガザニアは宿根ガザニアで別にあるから。)
ガーデンセンターの売り場の人に、「毎年咲きますよ。」と言われたけど、おかしいなあ・・・。でも、去年のが戸外のコンテナで一部生きているしなあ・・。

どっちにしても、うちには他に宿根の「イングリッシュガザニア」というのがあって、これが今年どんな具合になるのか、楽しみである。

よかったら、去年のページを見てね。今年のページは、しばらくあと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月22日 (火)

メール便で

まだここには書いていなかったが、福岡沖大地震があって大変なことになっている。本当に地震ってものは、突如襲ってくるから始末が悪い。
東海地震は来るぞ来るぞと、私が子どもの頃から言われ続けて、とうとうまだ来ないまま(よそには地獄図のような大地震がきた)子どもがこんなおばちゃんになってしまった。
でも、新潟にだって来たし、来ないはずの北九州にだって予想外にドカンときたわけだから、オットは「ここにも、いきなりすぐにでもやってくるぞ。」と言う。うちは準備も何もない。こわい。

さて、今日は一日家の用事をして終わってしまった。
緊急に戸籍謄本を取り寄せる都合があって、朝、戸籍原本のある田舎の町役場へ電話したら、なんとびっくり。町が合併したんだって。それで、新しい市役所の住所を教えられた。
「いつ合併したのですか?」と尋ねたら、「今日」という返事。
え、今日が合併初日?「あなたが合併して始めての謄本請求者です。」と言われた。だからと言って、なにかあるわけじゃないけど。

謄本を取り寄せるときは、郵便局へ行って定額為替を買い、それと合わせて返信用の封筒と請求内容を書いた紙を同封して送る。
とにかく急いでいたので。その封書はメール便で送ることにした。妹がそのほうが早いからって。
セブンイレブンへ行ったら、その封書の料金は80円だった。これで明日には絶対着く。メール便って、郵便よりもお得だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マザーテレサ施設で

夜の9時(ついさっき)、メールチェックをしたら、ようやくお兄ちゃんからメールが来ていた。
母はこれでやっとこさ安堵できた。
何も、世にも恐ろしいところにいっているわけじゃなし、そんなに心配することもなかろう、そうも思う。
でも、あわよくばだまして小金をかすめとろうとする輩が少なからずいる話を聞けば、そういう中を18時間もかけて、世間知らずの(顔も幼い)若者が夜行列車で移動するとなると、心配にもなるわけで・・・。まったく、しょうがない親だとも思ってる。

今日のメールには、デリーと違ってコルカタ(カルカッタ)の人々はすごく親切だと書いてある。よかった、よかった。きっといろんなよいことがあったんだろう。

マザーテレサの家でボランティアをしてきたことも書いてあって、大急ぎで返信を書いて送信してから、ネットで検索してみた。
そうしたらなんと、「マザーテレサボランティア」のHPがあった。
マザーテレサの施設は、コルカタにあったのだとあらためて知った。そして、そこではボランティアを募っていて、日本からも少なくない人たちが出かけている。今回、4人とも、そこでの体験を通じていろいろな思いを持ったのだろうと思う。

これから夜10時(日本時間で23日午前1時半ころ)の列車で、別の都市へ向かうらしい。サン○○○の友達の一人と、そこで会うことになっているという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さなチオノドクサ

05-03-22chiono2-400庭の隅に数年前から埋め込んでいるチオノドクサ。今朝の写真。

4,5年経つのかもっとなのか、すっかり忘れてしまって。
小さな球根10個だったのか、それとも5個だけだったのか、それも忘れてる。

優しいやわらかいパープル。

最初はもっとさえない咲き具合だったと思うけど、こうやって今年の花を見ると、小さいながらもしっかりしているでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合流できた?

20日にはカルカッタでサン○○○達2人と合流しているはずのお兄ちゃんだが、19日のメール以来連絡なし。
いったいどうしたんだ?!と心配に襲われている母である。

カルカッタまでは夜行列車で18時間の旅だが、切符を買うときにわけのわからんヒンズー語に苦労しつつも、ようやく購入したらしい。あれから無事に乗って、何事もなくカルカッタに着いたんだろうか。

それも心配だし、第一ネパールからサン○○○達はちゃんと戻れたのだろうか。
今のネパールの状態は?
もしかして会えていないのか、それとも、カルカッタでネットカフェが見つからないのか。またはそういう余裕がないのか。
これって余計な心配?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年3月20日 (日)

別に英語じゃなくったって。

まだ夜10時だというのに、もう眠い。
晩ご飯が済んでから、ようやく今お兄ちゃんにメールを書いた。
彼がインドへなんか行かなかったら、こうやって日々メールを送るようなことはきっとなかっただろうと思う。

13日にインドへ行ってから、これで4通目だけど、毎回親子で英語で書きあうというのも、よく考えると気恥ずかしいものがある。
別に英語で書かなくたって、ローマ字でもいいわけだ。今頃になってそう思う。
でも、ローマ字で書くっていうのも、他の人が見ていなくてもなんとなくかっこ悪い。
頑張って英語を使うのも、リハビリにもなっていいかもしれない。

今週は連日仕事で外出している。
いつもは平気だけど、昨日から他のことで気の滅入ることがあって、ちょっと心配かつ落着かない気分である。こういうときこそ、忙しいほうがいいのかもしれないなあ、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月19日 (土)

インドからのメールその3

今日は朝から仕事で夕方帰宅。
それからすぐにメールチェックをしたら、お兄ちゃんから返信が入っていた。今朝はまだなかったものだ。

あちらでは朝から晩までごはんはカレーと聞いていたので、日本人の胃にはきっときついだろうと、そういうことも一言前日のメールに書いたのだが、やっぱりそうらしい。

19日まではニューデリーにいて(昨日私はデリーと書いたけど、ニューデリーのまちがい)これから夜行列車に乗って、コルカタ(カルカッタ)へ行くのだが、そのニューデリーは空気が汚くて、鼻穴が真っ黒になってるって・・。
それと、牛乳を飲みたくても乳飲料しかなくて、それも(なんとか菌が入っているから)危ないので買わない、ということが書いてあった。中華とか洋風の料理屋(「レストラン」というレベルではない店)にも入ってみているらしい。どちらにしても、簡単に食中毒になるって聞くから、それだけが心配だ。

このコルカタだけど、カルカッタという呼び方が私にとっては普通。
ののに尋ねたら、学校では最初からずっとコルカタだったと言う。(ほんと?中学の地図帳を確かめたら、カルカッタと記載してあったよ。)
でも、いつのまにカルカッタがコルカタになったんだ?!
うちのオットに聞いてみたら、やっぱり「コルカタってなに?」と言われた。
ま、現地の発音どおりに直したってことでしょうけど、なんだかものすごい年代差を感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビオラワールド

05-03-19violaworld400昨日の夕方前にちょっと寄ってみたガーデンセンターで、変わった色合いのビオラを見つけた。小さなタグには、「Viola World」の名前。
今日になってHPを覗いてみたら、あるある珍しい色のビオラが。
一つ一つが全部違った色合いのビオラで、それぞれが世界に一つだけのビオラなのだそうだ。

http://violaworld.net

ビオラを愛してやまない種苗家の作ったビオラとそのHP。種苗家の名前は、江原伸さん。
HPの中の「today」のページには、ビオラの写真が毎日一枚ずつ載せてあって、どれも不思議な色のものばかり。

昨日のガーデンセンターには、5つか6つ置いてあったのだが、こんなことなら全部買ってくればよかった。買ったのは一つだけ。(写真上)今度行った時には、きっともうないだろうなあ。

サカタのタネのカタログで買えるので、来年はそこから購入してもいいかな、と思う。
でもカタログよりも、ガーデンセンターのほうが単価が安かったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月18日 (金)

インドからのメールその2

今朝hotmailをチェックしたら、お兄ちゃんからメールが届いていた。
今月13日に成田からインドへ入ってから、ようやく2通目のメールである。15日に初めてのメールが来ていたけれど、私にしてみれば、やっとという気持ち。

私も日々忙しいので、やたら心配ばかりしているわけではないけど、ふと「大丈夫かなあ」と落着かない感じなのである。
もっと別な国に観光にでも行ったのなら(それも旅行会社のパック旅行かなんかで)、心配には及ばないのであるが、ろくな荷物も持たず、小さなパックを一つ背負っただけで、宿も決めず、3週間近くインド国内を回るのであるから、そりゃあ心配になるのが、母親ってもんでしょう。
他の人には、「大学生の男の子は、パック旅行になんか恥ずかしくって行かないでしょ。それに、主婦じゃないんだから、普通の観光旅行はしないよ。」と言われた。まあ確かにその通り・・・かな。

で、メールの中身は
この数日間インドの北部を回り、またデリーに戻ってきたのだが、これから1日おいて、夜行の列車(18時間も乗りっぱなし)でカルカッタへ向かうとのこと。
列車のチケットを買うのに英語が通じず、ヒンズー語onlyだったので苦労したということ。それと、僧侶のかっこうをしているからといって、本物とは限らないという話。どうも何度かだまされたらしいね。

それから
「お母さんの英語、うまいね。」とも書いてあった。「しばらく使ってない割には」という但し書きがあったけどね。(^^Y~♪ (しゃべりもちょっとはいけるぞ!)

20日、カルカッタにて、ネパールから戻るサン○○○ら2人と合流する。1週間ぶりの再会となる。
そうなったら安心だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月17日 (木)

メープルリカ

05-03-17maple400リカちゃんパンジーが少しずつ大きくなってます!
写真のは、メープルリカ。
もっとふちのオレンジ色が濃くてもいいかなーと思う。
でも、まだまだこれからですよ!

HOMEにパンジーのページを作って、まだ数枚だけどリカちゃんの写真を載せたので、よかったら見てね。→GO!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月16日 (水)

返信

昨日は、午前中から夕方まで家を空けていたので、お兄ちゃんへの返信は、夜になってから送った。

14日に、こちらから先にメールを送っていたのだが、お兄ちゃんからのメールを読んで、あれれ、と思ったことが一つ。
私、何も考えずに日本語で書いたけど、あっちのパソコンでは日本語が表示されてないんだったら・・・。
向こうからのメールは当然英語じゃないと具合悪いか、と思っていたけど、こちらからだって英語じゃないと、インドのパソコンなんだから、やっりダメでしょ。
どうなんだろう・・・。

14日のは、きっと文字化けしてると思う。
お兄ちゃんからのメールには、私からのメールを読んだっていうことには、まったく触れていなかったし。きっと、読めなかったんだと思う。

そういうわけで、私も昨日は頑張って英語で書いた。たいしたこと書くわけじゃないのに、けっこう疲れる。

受け取ったメールには、後日の宿を手配するにしても、詐欺まがいの旅行代理店がたくさんあるので危ない、と書いてあった。
たまたま初日の宿のオーナーのインド人は、奥さんが日本人で京都に住んでいて、京都には自分の旅行代理店を持ってるという話。次の分はその彼に便宜を図ってもらったらしい。
それと、バザールで旅行に必要なものを調達していて、案の定あれこれあったようで、気を抜くと危ないというのがいくらかでも分かったらしい。

旅はまだこれからなので、気をつけて、としか言いようがないわけで、私としては、ネパールに入ったサン○○○たちと一刻でも早く合流して、4人でかたまって行動してくれ、と身勝手ながら思っているのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月15日 (火)

インドからの初めてのメール

今朝hotmailをチェックしたら、お兄ちゃんからメール第一便が届いていた。
15日の1時付けのメールである。

中身はすべて英語。けっこう長い。

ネットカフェが見つかってよかったと思う。
出かける前に、「きっと英語で書くことになるだろうな」と言っていたので、これは予想どおりのこと。インドのネットカフェのパソコンに、日本語が入ってるはずないものね。
初日に泊まった宿の主人のことや、バザールのことなどが書いてあった。

大学一年から英語のサークルに入っていて、コンクールやディベートなどのしきりもしていたようだったし、もとより受験英語でちゃんと基礎はあるはずなので、書くのも話すのもちょっとは慣れていると思うが、メンバー皆が、彼以上に英語には慣れているはずである。

とりあえずこうやって第一便が届いたので、無事に着いて、2日間をなんとかやっているのがわかって安堵している。

今は、朝の8時半。
私は、今日これから一日出かけるので、この続きはまたあとで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月14日 (月)

もう着いたはずだけど

昨日13日のお昼のエア・インディアで、お兄ちゃんたちはインドへ向かった。
インドに着いて次の日には、4人のうち2人はネパールのカトマンズへ。インド経由でネパールに入るのは、旅費が安いからである。
お兄ちゃんともう一人は、そのままインド国内を回る。1週間後には、カトマンズから戻った2人と、コルカタ(カルカッタ)で合流するという予定。

都内の部屋から我が家へ帰ってくる時は、毎回必要以上に、やたら重い大きな荷物を持ってやってくるお兄ちゃんであるが、今回の旅行の荷物は、そういうお兄ちゃんからしたら、信じられないくらい小さい。
昨日も書いたけれど、下着類もせいぜい2日分くらいで、他の衣類もあるのかないのか。それに食料も持って行かないし、一見日帰りのハイキングにでも出かけるような小荷物。いわゆるバックパッカーというのは、こういういでたちなのだろうか。地元で必要なものを調達するから、特にいらないって言うのだ。
おまけに、暑いインドへ行くというので、ジャケットも着ていない。じゃまだからって。

成田へ見送りに行こうと思っていたけど、やんわりだけど拒否された。最寄り駅まで送って行ったので、その後こっそりと空港へ行ってみようかとも思ったけど、それは止めた。子どもじゃないし、そこまで心配してるわけじゃない。(うそ)

もうとっくにインドに着いているはず。Khajurahoってどこだ?

インドはIT国家なので、ネットカフェでこちらにメールを送るくらいは簡単なことだろう、そう思うのはたぶん間違いだ。

東京でも、渋谷や新宿ならあちらこちらにネットカフェがある(らしい。ののがそう言っていた)。でも、他のところはどう?
必死に探せばあるだろうけど、「ああ、ここにもあそこにも」というわけにはいかないでしょう。それとおんなじ。
地方に行ったら、まず見つからないに違いない。

おとといは、「毎日メール送るからね。楽しみしてくれ。」と言われたけど、昨日駅に送って行って車から降りるとき、「きっと毎日は送れないね。」と言われた。分かっていたよ。まあ、そんなもんでしょう。

でも
お兄ちゃん早くメール送ってくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月13日 (日)

13日にインドへ

普段は都内の大学そばに住んでいるお兄ちゃんが、11日にようやく帰ってきた。1ヶ月半ぶりかと思う。

ずっと続いていた試験期間がようやく終わり、11日が最後の試験。それから友達と打ち上げをして(試験が終わったから打ち上げ?)、その日の夜中に家に帰ってきた。1日ここにいて、13日のお昼には成田からインドへ飛び立つのである。なんとまあ忙しいことか。戻るのは3月31日らしい。

私がちょっと口を挟んだばかりに、お兄ちゃんはネパール行きをやめてしまった。
インドへ着いてからは、4人のメンバーのうちネパール人のサン○○○を含む2人はネパールへ入り、他の2人はインドへ残り旅行を続けることになっている。その残りのひとりがお兄ちゃんである。

2人がネパール行きを止めたのは、それそれの親が心配を口にし過ぎるから、ということである。
お兄ちゃんには、「どう説明したらちゃんとわかってもらえたんだろうねえ」と言われてしまった。

いくら親が心配を並べ立てても、自分がきちんと調べて計画を立ててそれを実行しようという気持ちがあるのなら、「思うとおりにやってよかったのに。」と私もまたつい言ってしまったけど、親が心配するのは当然のことでしょう。あとは本人の気持ち次第。親ぐちぐち言うのを鵜呑みにせずに、ちゃんと説得する強さがあってもよかったかな・・・なーんて今頃思う親も親だ。

「明日あたり、またネパールでは道路が閉鎖されるらしい。」とお兄ちゃんが言うのを聞けば、「やっぱり止めてくれてよかった。」と思ったり、インドに入って2日目には、もうサン○○○と別れて、日本人の同級生と二人で1週間以上も宿も決めずにインドを数百キロさまよう、っていうのも、また空恐ろしくなり・・・。
ネパールはあんな状態でも、言葉も不自由なくて国内の事情もよくわかっているサン○○○と一緒のほうがよかったんだろうか、そう思ったりする親はやっぱり身勝手か。

とにかく何でも心配の種になるし、どっちにしても10時間後には空の上なので、もうこれ何を聞いても仕方ない気になってる。

サン○○○たちは、カトマンズに入ってから勉強のために市内の病院に行くことにしている。知り合いの先生につてがあって紹介状を書いてもらったので、それで病院を見せてもらうことができるらしい。
お兄ちゃんともう一人は、ネパールには行かないことになったので、結局その病院の件もキャンセルしたのだ。
そういうことを聞くと、「反対してごめんね」と思う。

お兄ちゃんたちは全員、インドでは毎日家族に向けてメールを送るつもりらしい。ウェブメールを使っていないお兄ちゃんは、数時間前にhotmailのアドレスを取った。
それと、ごく簡単な日程表を打ってパソコンに保存してくれた。見たら、エッと思うようなシンプルさ。日付と都市名と行き帰りの便名のみ。宿は決まってないし、都市と都市の距離は数百キロだと、平気で言う。

荷物もシンプル。下着も靴下も1セット。あれこれ持って行かないことにしたんだそうな。

とにかく、無事を祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年3月11日 (金)

肉は野菜巻きで

05-03-10yasaimaki400昨日の晩ご飯は、牛カルビを焼いた。
それと、醤油と酒とニンニク、ショウガに漬け込んだ鶏モモ肉があったので、それをオーブンで焼いた。

肉を食べるのだから野菜もたくさん食べよう、ということで、その牛肉も鶏肉も、たっぷりの野菜で巻いて食べた。写真の野菜が3人前。

サニーレタス、かいわれ、きゅうり、セロリ、赤パプリカ、それと青ジソ

サニーレタスの上に他の野菜も全部のっけて、その上に肉を。甘辛い味噌も作ったので、それもつけて。
野菜は、青ジソがあると美味しさが倍増する感じ。

なんのことはない、韓国風の焼肉だね、これ。
なんだか病み付きになりそう。

今日の晩ご飯はもちろん別のおかずだったけど、こういう感じの野菜を用意して、焼肉じゃなかったにもかかわらず巻いて食べてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月10日 (木)

デージー

05-03-10daisy400ものすごく良い天気。あったかい。
朝から出かけようと思っていたのに、お昼が過ぎ、もう1時半。これから出ようかどうしようかと・・・。
その前に、今日の花はどんなふうかと見て、写真も撮って、ついでにこうやってアップして、と、またまた出かけられなくなってる。

陽が当たって、クロッカスがぱあっと開いていて、とってもきれい。デージーも。

デージーは柵にかけているポットに少しと、クロッカスのそばの花壇にも少し。ピンクだけ。
写真のは柵のハンギングのもの。可愛いでしょ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

甘夏とハッサクでマーマレードを

05-03-10orange3-40005-03-10orange2-400頂き物の八朔と、生活クラブで購入した甘夏があるので、夕食後のデザートに毎日食べてます。
皮がたくさん出るので、それぞれでマーマレードを作りました。

甘夏のほうはもちろんのこと、八朔のほうも農薬やワックスの心配はないものなので、皮を捨てるのはしのびなかったので・・。

皮と砂糖と蜂蜜だけのマーマレード。使った砂糖はきび砂糖なので、仕上がりが茶色っぽい。
でもしみじみ美味しいっていう気がする。
ほのかな苦味もあって、普通のジャムもいいけど、マーマレードの方が好きだなーと思う。
レモンを入れてホットレモネード風にして飲んでも良さそう。

二つ比べてみて、甘夏のほうが皮が厚いので柔らかくて旨味があるかな。

パンは、(ローカルだけど)東葉勝田台から地上に出てすぐのところにある、「ラ・ブール」のハードトースト。
香ばしくて美味しい大好きなパンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 9日 (水)

白・紫のクロッカス

05-03-08whitepurple400確か「ピッグウィッグ」というのが、この白・紫のクロッカスの名前だったような。
まず黄色のクロッカスが最初に咲き、次にこのクロッカスである。
他には青いのと、白いのがあるけど、まだ花は先になりそう。

最初に咲いた黄色いクロッカスだけど、数日前からだれか食べちゃってる。
たくさん咲いてるので、全部なくなるってことはないけど、かなりの数の花の先端がパクッとなくなってしまってる。
食べたのは誰!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トールペイント教室の日

夜中の12時を過ぎ、8日の日記のはずが、日が変わって9日になってしまった。
なんだかやっかい。

今日(正しくは昨日だ)火曜日はまたまたトールペイント教室へ。
1週間まったく道具を広げないので、今朝になってから慌てて、今日やる分の下準備をする有様である。
ちゃんとやっておかないっていうのが、毎回ながら情けない。
そんなことをやってるので、結局は10時からの教室なのに、家を10時に出ることになるのである。
近いからまあいいかと思ってるので、余計に間に合わせられない・・・。

今日はテラコッタの小さなポットに、バラの絵を描いた。
上手くできたらここに写真を載せようと思っていたけど、ぱっとしないのでやめる。
先生は「すごくいいわねー!」と言ってくれたけど。・・・・・ありがとう、先生。
もう一度同じものを描いたら、きっとマシなものができるはず。

小さな絵なので、2時間半やって出来上がり、1時過ぎには帰宅した。(今日はののが家にいる。)

家に帰って、お昼を食べ、庭の花の写真を撮り、パソコンであれこれやっていたけど、どうにもこうにも眠くて・・・。
昨日と一昨日は睡眠不足。さすがに今日は疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 7日 (月)

新入りサイネリア

05-03-07senecio400今日ガーデンセンターに寄ったのだが、お天気が良かったせいか、夫婦・家族連れが目立った。
月曜日なので、夫婦といっても年配の人がほとんど。
ああやって夫婦でガーデンセンターにやってきて、花を指さしてはあれこれ言い合ってる様子は、見ていてちょっと面白い。いろんな夫婦があるもんだ。
もう少しして野菜の苗などがもっとたくさん出てくる頃には、さらに多くの夫婦連れがやってくる。今後の参考にもなったりして、なかなか楽しい、見てると・・・。
もちろん花のほうも忘れてないですヨ。

さて、今日の新入りは、「桂華」というサイネリア。
サイネリアはシネラリアの別名であり、キク科で非耐寒性多年草だ。

実は、今までサイネリアという花は一度も買ったことがない。(あんまり好きじゃなかったのかも。)
ののが小学校卒業のとき、式が終わって帰宅する祭に、全員が学校からサイネリアの鉢を一つずつもらったのが唯一のことである。

写真のサイネリアは四季咲き。
普通、開花時期は冬~春であるが、「桂華」は夏の1~2ヶ月以外は咲き続けるらしい。それと、寒さにもまあまあ強いらしい。
花色のピンク色がとってもきれいだったので買ってみたのであるが、濃いの薄いのと、いろんなピンク色のがあって、どれもきれいだった。買ったのは中くらいの濃さのピンク。

写真ではよく見えていないけど、くすんだ緑色のコンテナも、実は気に入ってる。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

忘れ物いっぱい

今朝いつものように駅まで送っていく途中、車の中で「あ。ベルトしてない・・。」とオットが言う。気づいた本人もびっくりしていたけど、私も驚いた。
今から家に戻ると遅刻するし、たぶん誰も気がつかないだろうから、まあいいか、ということに。(えっ!とまた驚く私。背広にベルトなしだよ。)
そうしたら、1時間くらいしたら電話があった。
忘れたのはベルトだけじゃなくて、他に2点。そっちのほうこそが、忘れちゃまずい会社のものらしい。
それと忘れ物だけじゃなくて、どうも他にも具合の悪いもの(靴下とかネクタイとかの色)があって、それも、と言う。
やれやれ。
今日はあったかい小春びより。そのせいなのか、それとも土日2日間の休日ぼけなのか。
こんなの書いたら、恥ずかしいかな?後で消すかもしれないな・・。

私はモノを届けて、それから買物をして帰ってきたので、洗濯も掃除も洗い物も何にも終わらないまま、もう午後2時過ぎとなった。朝ごはんをほとんど食べてなかったのに、お昼ごはんもまだ。久々に空腹で倒れそう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 5日 (土)

ネパールには行かないって

今朝お兄ちゃんからメールが来ていた。
「ネパールには行かないことにしたので、ご心配なく」って。「二手に分かれて、僕はインドにだけ行くので」という内容。出発は13日である。

何回も書いたことだけど、友達のサン○○○はネパール人である。
来週いっぱいまで試験があり、それが終わってようやく春休みになるのだが、春休みになって即、彼は数年ぶりの里帰りをする。
今回はインド経由でネパールに帰国する予定で、うちのお兄ちゃんを含めて計4名での旅行となる。(最初はうちのお兄ちゃんと2人で行くはずだったのに、いつの間にか4人になった。)

メールによると、インドに入ってしばらくしてから、2人ずつ二手に分かれる。サン○○○ともう一人はネパールへ行き、残りの二人はそのままインドに残って旅行を続ける、というのである。で、お兄ちゃんは後者。
ネパールに入った二人は1週間してから再びインドに戻り、4人がまた合流する。そういう計画。「ちゃんと調べて、綿密な計画を立てるから大丈夫」と言ってる。

私が心配するので、ネパールをやめたのだろうか。
その前まではさほど強くは言ってなかったのに、前回だけは心配を言い過ぎた。思っている以上に言ってしまったと思う。
一応自覚はしているので、私が言ったことでネパールをやめてインドだけにしたのなら、それもまた正直言って困る・・・。

つくづく親っていうのは、こうなればこうなったで心配し、ああすればああしたで心配し・・・。息子にとっては、母親は根拠のない(母にとっては根拠のある)心配ばかりするうるさい存在だろうなあ。

インドでサン○○○と1週間別れてしまうのも、また心配になってしまってる母親っていうのも、まったく困りものだ。
これも自覚しているので、息子には言わなかった。
・・・でもまたポロリと言いそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は雪

昨日3/4は日本中どこもかしこも雪。
週末土日に降ると思っていたので、昨日ここまで積もったのは私としては予定外だった。
おかげで出かける用事をやめ、一日中家にいて、おまけにだらけてしまった。

夕方外に出たら、近所はもう雪かきを終わっていて、うちだけが取り残されたように雪道。
大慌てで一人雪かきをする。

うちの向かいには家がないので、6メートル道路を全部一人でやるのは、けっこうシンドイ。
隣近所の奥さん達も皆頑張ったんだ・・・。

あのまま雪を残しておくと、夜に固まってがちがちになるので大変である。
それと、建物寄りに雪を寄せておくと、数週間は解けないでそのままになってしまうので、雪は家のない向こう側へ。車の屋根の雪もおろした。
これだけで、いい運動になった。
スポーツクラブ等で体操するのもいいけど、まずこういうので頑張るのが、主婦の正道?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 4日 (金)

ワカメのジャッと炒め

05-03-03wakame2-400今日(もう3/4だから昨日だ)の晩ご飯はいつになく低カロリーの健康食。オットには、こういうのがいいな、と言われた。
ご飯は、もち麦(生協のもの)、発芽玄米、ソバ米、押し麦が大量に入ったもの。かなり黒っぽい。
焼き魚、ミズナ・貝割れサラダ、ワカメの炒め物、味噌汁、自家製ピクルス。あとは残り物のおかず。

写真のワカメの炒め物は、大量のワカメをその名の通り、ジャッと炒めただけだけど、もともとは平野レミさんが相当前に(10年以上前?)なんかの雑誌に載せていたもの。

ワカメをゴマ油で強火で炒め、花カツオひとつかみを絡めて、麺つゆ(オリジナルは醤油)で味付けし、一味を振る。
さらに、上に花カツオと切りゴマを。

味噌汁に入れるよりも、こうしたほうが大量にワカメを食べられる。

三陸わかめのいただきものがたくさんあったので作ったのだけど、それは塩蔵ながら、見た目はほとんど塩がついていないものだったので、どんどん食べちゃったほうがいいかな、と思って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 3日 (木)

酢豚もどき

05-03-02subuta1-40005-03-02subuta2-40005-03-02subuta4-400昨日3/2の夕食に作った酢豚もどきです。
野菜はピーマンとパプリカとブロッコリーだけ。
(でも大量!ブロッコリーは茎も食べてるよ!)
冷蔵庫を見てから思いついて作るので、結局はいつもある材料が味を変えて出てくるだけの、我が家の料理・・・。
(カテゴリーの「料理」をクリックして写真を比べると、バレバレだよ~。)

豚肉もスライス肉。
下味をつけたスライス肉に片栗粉をまぶしてから、ころんと丸めて油で揚げて使ってるので、塊肉よりも柔らかくて美味しいと思ってる。

そうやっていよいよ冷蔵庫からケチャップ出そうと思ったら、あれれ・・・ケチャップない・・・。

わずかに残ってたチリソース+野菜ジュース+みりん+酒+お酢
これで、似たような(もっと美味い?)酢豚風味付けのおかずができあがりました!ふー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 2日 (水)

トール教室へ行ってから・・

12時を回って日付は3月2日になったけど、これは1日の日記。

今日火曜日、先週に引き続いてトールペイント教室に行った。
月2回2時間ずつのクラスだけど、どの火曜日になるのかは先生の都合である。また来週もあるので、3週連続は私にとってはちょっとキツイかなーと思う。

帰宅したのは昼1時半くらい。
ののが足首をくじいていて、午後から一緒に病院へ行くことにしていた。
3ヶ月前には手の小指を骨折してしばらく通院した。今度は足だ。
足首がはれ上がっていて、びっこをひいている。
昨日サークルに行って、テニスの練習でこけたらしいのだが、「クラブをやってたら、ケガなんかしょっちゅうだよ。」とオットは言う。でも確かこれからまたサークルの合宿があるはずだけど、どうするのかな。
病院はここからは遠いので、仕方ないので私が送り迎えをすることとなる。
行ったら、思ったよりも軽症で、通院はいらないとのことでよかった。

前回の骨折で少しだけ学生共済からお金が下りる。
1通院1000円。
その証明書をお願いしていたので、それをもらって帰ってきた。
全部で7回通ったので、合計7000円也。
支払ったのはその数倍だ。なにも戻らないよりはマシかな。

夕方帰宅してから、またパソコンだ。HPの料理のページを作った。ここの左に載ってる「いつものごはん」のNo.17。
中途半端でちゃんとできてないのに、まあいいかとアップしてしまった。
なんのことはない、まだ12月のおかずの写真なので、見た人は呆れるね。パソコンのマイピクチャには、続きの写真がたくさん入ってる。さっぱり進まないので、これからどうしようか、やめようかと迷ってるんだけど。

しまりのない日記をだらだらと書いてしまった。かなり脱力してるので、ほんと申し訳ないデス。明日は仕事で一日留守。さっさと寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オギザリスのバーシーカラー

05-03-01oxris1-40005-02-28oxris4-4001月2月と咲き続けているオギザリスのバーシーカラー。
去年も咲き、今年もまた咲いている。
オギザリスはとても丈夫で、花が終わって葉も消えてしまっても、次の季節にまた芽吹く。
このバーシーカラーもちゃんと芽が出て、こうやってこの寒い時期にいっぱい花が咲いている。

バーシーカラーは、白地の花びらで、ふちが赤い。
ふちが赤いので、蕾は赤のらせん模様。
最初見たときは、摩訶不思議な模様に見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 1日 (火)

お姉ちゃんの部屋を・・

昨日(日が変わって3/1になったから、一昨日だね)お姉ちゃんが都内に引越しをしたけど、そのお姉ちゃんに「お母さんが部屋を使えば?」と言われていた。ありがたい!お姉ちゃんの部屋を私が使わせてもらうことにした。

それで、今日(2/28)半日かけてその部屋を模様替えした。
クロゼットの中にはまだけっこうな量の荷物が入っているので、あんまり余裕はないけど、プラスで私の衣類を入れた。
掃除機・雑巾がけをしてベッドの位置を変え、隣の寝室から荷物を少し移動させ、代わりにお姉ちゃんが残して行った小さなテーブルといすを寝室に入れて、オット用の勉強机に。
これで、「書斎がない」とこぼしていたオットも喜ぶことだろう。でも、机がないから勉強も仕事もできない、という言い訳はもうこれでできないぞ!

それにしても、新しい自分の部屋で一晩過ごしたお姉ちゃんは、どうしているかなあ。戸締りは大丈夫?食事は?会社までたった一駅なので、今朝はラクチンだったろうなあ。
そう思いながらも、電話しそびれてしまった。
部屋が片付いて落着くまでは、まだ時間がかかると思う。それに、あれこれ買うものがあるはずなので、お金もかかることだろう。
自分の給料内で、なんとか暮らせるようにやりくりして頑張ってほしいな。それと、貯金も少しでいいからお忘れなくね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »