« ゲンペイカズラ(その2) | トップページ | ロウグチの花後 »

2005年8月15日 (月)

アンリシャルパンティエのプティ・タ・プティ

今週後半は、またまた広島(オットの家!)へ行くので、数日前に”えきねっと”で新幹線を予約した。
手土産を買うついでに、予約した切符を受け取りに昨日暑い中、F駅へ出かけた。
出かける仕度をしても同時進行で化粧が汗で流れ落ちるので、毎度のことだけど、この身支度だけでへろへろになってしまう私デアリマス。
お化粧しても90%すっぴん状態、なおかつだらだら汗の私(の顔)を見て、のの(二男)は(いつものように)困ったような苦笑い。
我が家では一番その遺伝子を受け継いでいるののであるが、「自分はそこまでひどくはない」と、苦笑いしつつ冷たく私に言う。
ほんと、私、夏は人に会いたくないです。宅急便のおじさんや回覧板を持ったお隣の奥さんにも、ギクっとする。できれば7月8月9月は誰にも会わず、家に閉じこもって暮らしたい・・・。

まあ、そうもいかないので、わざわざ電車に乗って昨日は外出。

前置きが長たらしくなってしまったけど、買ったのは(夏なのでお土産は涼しげなものがいいとは思ったけど)今回はこれ。アンリシャルパンティエのプティ・タ・プティ↓
05-08-15petit1-300
お土産なので包みを開けてお見せするわけにもいかないので、一緒にもらってきたアンリシャルパンティエのカタログからちょっと写真を無断拝借(使っちゃいましたが、いいでしょか?)↓
05-08-15petit2-300
小さいので食べやすく
見た目とても可愛らしいので
これ好きです。
アンリシャルパンティエなので、もちろん美味しい。

前も一度ここに書いたことがあるはずのプティ・タ・プティです。(6/8)
05-08-15petit3-300

実はF駅に着いたとたんに、お姉ちゃん(長女)から電話があった。「今から家に帰りたいんだけど」と。タイミングいいのか悪いのか。
6月中旬に会って以来ご無沙汰のお姉ちゃん。仕事が忙しく休みが週1しかないので、都内の自分の部屋(ボロアパート)からここへ帰ってきてない。2時間もかからずに来れるんだけど、きっとそうもいかないんでしょ、と思う。

用事が終わったころに時間を合わせて、車をおいてきた最寄り駅で待ち合わせをし、一緒に帰宅した。
夏休みも13日~17日までしかなく、まったく労働条件悪い。あんまり言うと気の毒だけど。16日~17日は大学の同級生数人と、京都の大文字焼きを見に行くらしい。18日からまた仕事だから、ご苦労様である。

家に着いたお姉ちゃんは、「うちって築10年には絶対見えないねー。」と台所やリビングを見渡して言う。きれいにしてるのに今頃気づいたか。
お姉ちゃんはリフォームの仕事をしているので、仕事柄日々あちらこちらのお宅へ入る。
杉並区や世田谷区のお客様なので、リフォームの依頼は金持ちが多く、数百万どころか数千万円のリフォームもあるというのだ。すごい。ちょこっとお風呂を直すとかの話ではない。でも、けっこう汚くしてるとこが多いって。よそを見て、自分ちのことがわかってくるんだよね。

関係ないけど、○○ザマス、というザマス言葉の奥様達がお客様にはけっこう多いって。ほんとか。
うちもかつては世田谷区に住んでいた。でも築30年以上のぼろい狭い社宅だったから、世田谷のお金持ちをまったく知らない。ザマス奥様とお知り合いになって”お宅拝見”したかった・・。


|

« ゲンペイカズラ(その2) | トップページ | ロウグチの花後 »

日記」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンリシャルパンティエのプティ・タ・プティ:

« ゲンペイカズラ(その2) | トップページ | ロウグチの花後 »