« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月の33件の記事

2006年3月30日 (木)

フリチラリア、チューリップ蕾

今日は朝から風が強かったです。
花にとって何がいけないかというと、やっぱり強風ですよね。
花びらは傷むし、茎もおれそうになったりするし。

せっかくのフリチラリアを楽しみにしていたのに、今朝見たら、茎が折れそう。
で、慌てて棒を立てました。
フリチラリアは蕾が開いてもこんなもんなのかな。
060330frichi600
フリチラリアって、下方の黄色の部分がなければ、生のプルーンみたいです。

↓こちらは28日のフリチラリア
060328frichi3600
可愛いでしょ。


今朝よく見たら、コンテナに入っているユリ咲きチューリップに、蕾ができていました。
060330yurizaki600
まだ数は少し。やっぱり4月にならないと蕾もできません。


夜だからなのか、複数のカテゴリーを選んだり、写真を入れたり、記事をアップしたりするのに、ひとつひとつにものすごい時間がかかって、けっこうストレスたまるなあ。選択画面がなかなか開かないので、作業がさっぱりすすまないんですよね。こんなことならビルダーで作業するHPのほうが、よっぽど早いです。
ブログは簡単だけど、混んでると、アップしようとしても 「混みあってます」 と表示されて、そのまま書いたものが消えてしまったこともありましたが。
やっぱり、夜じゃなくて午前中にやるべきだなあ。。。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

オリエンタリス赤紫・白・イエローブロッチ

よく見かけるクリスマスローズの赤紫も白も、クリーム色にエンジのブロッチの入ったイエローブロッチも、クリスマスローズのオリエンタリス。

↓赤紫と白。27日の写真
060327orien3600

今年はこのクリスマスローズはとてもたくさん花をつけてくれました。
下にたくさんシベが散ってますね。
060327orien4600

少し葉が少なめで花がびっしり、というのが、一番見てきれいな気がします。
060327orien5600

玄関においているコンテナに入っているイエローブロッチ。
これで3年目ということを思うと、あんまり大きくはなってないような。。。
060327brochi2600
一緒に入っているのは、ビオラ2種3株、ハツユキカズラ。
ハツユキカズラはイエローブロッチと一緒に、最初から入れているものです。ビオラは去年晩秋に。

ちょっとボケてますが。
060327brochi1600

クリスマスローズは花持ちがいいので、おしゃれな種類を選べば、こうやってコンテナに寄せ植えにしてもきれいかなあと思う。

このすぐ脇においてあるのが、このコンテナ↓
060327habotan600
ハボタンを使った寄せ植えのコンテナは3つ。玄関前の花壇にもハボタンが入っています。

今朝見たら、このハボタンも他のハボタンも、昨日よりもぐんと伸びていて驚きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

なんかヘンですね

今日はココログのメンテナンスがあり、いくつか変更があったようだけど、今記事をアップしてみたら、文字のバランスがものすごくおかしい。
たとえば、リンクのタイトルなんかがバカでかい。
これは自分で後で変えられるものなんでしょうか・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ヘリクリサム、バコパ、スイートピー

8時過ぎ、コメントの返信しようと思ったら、あらら・・・今日はココログのメンテの日だったんですね。朝から夕方までずっと。
長かったです。

最近とみにパソコンが重くて、これがまたストレスになりそう。光なのに、ネットも遅いっていうのはどういうことでしょ。セキュリティのせいだとも思うけど、これでますます疲れる。
写真は毎日増える一方なので、たまり次第、外付けのハードディスクに移動させます。全部パソコンにそのまま入れてたら、とっくにパンクしてますね。

下の写真も数日後には外付けハードディスク行きです。
↓ヘリクリサムのシルバーキャンドル。まだ蕾。
060328helichrysum600
ヘリクリサム: キク科ヘリクリサム属、耐寒・耐暑性あり、常緑

↓濃いピンクのバコパの 「コピア」 ダークピンク
060328bakopacopia600

このコピアとヘリクリサム・シルバーキャンドルがはいっているのは、
これ↓(前回載せた、壊れたコンテナ)
060327broken4600
右側にはいっているのは、スイートピー。
スイートピーは、「キューピット」という商品名で、支柱のいらない種類。コンテナ植えにぴったりのものです。

コンテナの真ん中にブルーのチューリップ、こうほうぐるりに原種系の背の低いチューリップ。
手前にはマラコイデスが入っていたけど、寒さでやられたので抜きました。
代わりに、バコパ、ヘリクリサム、スイートピー。
どれもつる性だったり、匍匐性だったり。
割れた部分、これでは隠れないかもしれないけど、チューリップが終わるまでのことなので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

シデコブシ咲き初め

玄関花壇のクリスマスローズの後姿を載せましたが、その花壇には、シデコブシも入っています。
朝見たら、蕾がピンクに大きく膨らんでいるものが。。。

午後、用事を済ませて帰宅したら、蕾がひらいていました。
06-03-27kobushi1-600

06-03-27kobushi2-600

06-03-27kobushi3-600

06-03-27kobushi4-600

蕾も花もまだ一部。ほとんどの部分は、まだこれから。
やわらかいピンク色が濃淡になっていて、とても美しいです。木全体に花開いたら、どんなにきれいなことでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クリスマスローズの後姿

うちにあるクリスマスローズのうち、玄関前の花壇にあるのは、
・オリエンタリスの黄色
・白花の 「はくわ」

花壇の家寄りには柵があるのだけど、その隙間からカメラを入れて、クリスマスローズの後姿を撮りました。
まったくヒマ人のすることは違いますね。(笑)

↓オリエンタリスの黄色
06-03-27back1-600
黄色というよりも、黄緑色ですね。

「はくわ」は、茶色になった葉を順次切っていたら、冬場、結局全部なくなってしまいました。
他のクリスマスローズに蕾ができても、一向に葉もない状態だったのですが、3月中旬にいきなり土からでてきたと思ったら、それは蕾になり、ぐんと伸びて、この通り↓
06-03-27back3-600
デジカメで撮ると、湾曲して実際よりも広がって写ります。
花壇はこんなに広くはありません。
前方のビオラ&パンジーは、1月2月の寒さでかなり参って、そのまま溶けて消えてしまうと思っていました。
ようやく復活してきました。嬉しいです。

後ろばかりじゃ寂しいと思うので、前・横からも・・・

↓オリエンタリス黄色
06-03-27yellow1-600

↓オリエンタリス黄色
06-03-27yellow2-600

↓はくわ
06-03-27hakuwa1-600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハナニラ、ムスカリ、フリチラリア、クロッカス

昨日の写真の続きです。

ハナニラはまだ花芽も出ていないけど、年明けの寒い時期から葉が出始めて、今はこんなにもじゃもじゃ。
06-03-26hananira600a
ブルーの可愛らしい花のハナニラ。小さい割にはインパクトある色合いです。
ピンクのハナニラを秋にほんの少々追加した(はず)のだけど、さて、咲くでしょうか。

去年2005年の青いハナニラは→こちら

このもじゃもじゃハナニラの向こうにあるのは、シラー・カンパヌラタ。
これはもう、私の大好きなお花です!

2005年のシラーは→こちら


ハナニラとシラーの葉っぱの間をちょっと見たら、
あらら!こんなものが↓
06-03-26fibri600a
一昨年は可愛い花を見せてくれたのに、去年はなくなってしまったと残念に思っていたムスカリ。
ムスカリ・ラティブォリア
消えてなんかなかったんだあ~
よかったです!!でも、たった4本か5本。それもやせ細ってる。

一昨年2004年のラティブォリアは、一枚だけ写真があります。
こちら

今朝、チオノドクサのすぐ脇に、ムスカリ・アルメリアカムらしきものを発見。?いったいどうしてここに?ないはずのものが、なんででてくるの??ほんとに、アルメリアカムなんだろか。。。
咲いたら、写真載せますね。


先週ガーデンセンターに寄ったとき、芽だしのポットを買いました。
↓フリチラリア・ウパパルピス
06-03-26frichi1-600a
固い蕾が数日で膨らんできました。
今日はもう少し先が開いてましたね。明日は咲くかな?

フリチラリアは、一度は買ってみたいと思っていたもの。
こんなに小さかったんですか。

芽だしポットは、今まで敬遠していて、買ったことがありませんでしたが、この春はスイセンなど、いくつか買いました。買ったスイセンのいくつかは、かなり痛んでいて、1ポット2本入りで30円、というものもあったなあ。。
芽だしは、要は売れ残った球根をポットに入れておいて、春にまたお店に出したものだと想像するので、高くはないようでお買い得の気がします。
それに、もう蕾ができているわけだから、どんな花かすぐわかるわけで、試すにはもってこいかな。
今の時期に寄せ植えするときも便利。


昨日の写真の最後は、クロッカス。
紫の巨大輪、「フラワーレコード」
06-03-26record2-600
地植えです。左側には、チューリップが伸びてきています。間にあるのは、ビオラのラベンダーYTT、4株。
冬の間、枯れそうになってたのが復活して、まだ小さいです。

もう一つ。
↓暮れに脇に押し込んだクロッカスが、気づいたら咲いていました。可愛いです!
06-03-26ice600
一緒に入ってるのは、先日写真を載せた、ビオラのアイスバード。
白いのは、フチンシア「アイスキューブ」。高山植物の1種らしい。先日コンテナの隙間に入れたばかりです。
真ん中には、チューリップが数個入っています。


今日はもう少ししたら、また写真(今日の分)をアップしようと思うけど、時間があるかどうか。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

アジサイの新芽、クレマチスの新芽

今朝撮った写真です。
今、うちのアジサイはこんな風↓
06-03-26ajisai4-600a
これは地植えのもので、ごく普通のガクアジサイ、十二単(ジュウニヒトエ)という名前のものが、各1本ずつ。
枯れ枝に黄緑色の若々しい葉がつきました。

他にコンテナ植えのものが4つ。
↓写真の向こう側の黄色は、レンギョウです。手前がアジサイ。
06-03-26ajisai1600a
ガクアジサイ(地植えから株分けしたもの)
墨田の花火
アナベル
カシワバ

この4つのコンテナのうち、アナベルとカシワバは葉がまだでていません。
今朝見たら、ようやくちっちゃな芽が枯れ枝に出かかっていました。
アナベルは確かに毎年かなり遅れて出ますね。

コンテナ植えのアジサイのすぐ脇には、地植えのクレマチスが芽を出しています。
06-03-26crema2-600a

06-03-26crema3-600a
このクレマチスの名前がちょっとわからない~。
旧枝咲きなので、冬場、枯れ枝となっても大事にとっておかなくてはなりません。
一方、ロウグチは新枝咲きなので、寒くなったら枝を全部刈り取ってしまいます。ロウグチは、前日の写真のヒヤシンスとチオノドクサのすぐそばにあって、今ちょうど新枝がすごい勢いで伸びてきています。

アジサイのコンテナ、上記クレマチスの手前にあるのがレンギョウですが、その下あたりにあるのが、アフリカンレウカンセマム、ネモフィラ、デージー、スイセン、クリスマスローズ、etc。
06-03-26african-600
ここは去年秋までは、チェリーセージが何本かありましたが、株が相当古くなったので、数を減らして整理しました。
ようやくここが使えるようになったので、かえってよかったです。
でも、日当たりがあまりよくないので思案中です。いくつか新しいものを入れていますが、試しなので移動するかもしれない場所です。


↓おまけの写真。同じく今朝のもの。
06-03-26con1-600a
木製の同じ形のコンテナがいくつもあるのですが、少し並べ替えました。うちって、コンテナだらけだよ~。
チューリップも大きくなってきていて、これが一番の楽しみかな。

↓上の写真の左上の部分のストックのコンテナ。何回も載せてますが。。
06-03-26con2-600a

今朝撮ったものがまだ何枚かあるので、明日また載せますね。明日は明日でまた撮るかとも思うけど、それはそれ、ということで。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

昨日と今日のご飯

昨日アップしそこなった晩ご飯です。
豪華なものはないですねぇ~
(右下のご飯は、昨日の朝、出かける前に大急ぎで作った炊き込みご飯。たくさん作っといてよかったです。)
06-03-25dinner1-350a
最近、あんまり肉類は食べる気しないです。あんなに揚げ物類も毎日のようだったのに、最近は滅多にやりません。
とばっちりは息子の方にいってるかな。
親の健康のためと思って、ま、がまんしてちょうだい。

↓サラダ用と書いてあったカラシ菜。一昨日買ったものですが、昨日、サラダに使おうと思ったら、やっぱりバキバキ硬そうだったのに、春雨と一緒に炒めました。
06-03-25harusame350
春雨、鶏ミンチ、カラシ菜、ブロッコリー、タケノコ、玉ねぎ、コンソメ、醤油、メンつゆ

↓ツブ貝と菜の花とアスパラの炒め物
ツブ貝は前日からお酒に漬けておいたので、いためてもやわらかいです。
06-03-25tubugai-350
ツブ貝は生活クラブの冷凍もので、210g入り。全部使いました。ニンニクをきかせて炒めました。
これは、スパゲッティの具にも良さそう。


↓今日の晩ご飯
06-03-26dinner1-350a
最近カレーを食べてなかったなあ~、ということで(ほんとはあれこれご飯作るの面倒だった)、こんばんはカレーでした。
豚スライス、タケノコ、玉ねぎ、ピーマン、トマト缶詰、ニンニク、オイル
タイカレーペースト、カレー粉、市販カレールウ少々、ココナツミルク、コンソメ

うちのカレーは、トマト味がきいてます。タイカレーじゃないけど、ちょっとタイカレーペーストも入れてます。

サラダは、レタスに昨日の残りの春雨・豚ミンチ・カラシ菜の炒め物の残りをのせて、甘味噌ものせてくるりと巻いて食べました。
味噌はこれ↓
06-03-26miso400
12日に軽井沢から戻るとき、駅で買ったもの。
これはリンゴ入りだけど、いろんな甘味噌がありましたね。もっといろいろ買っておけばよかった。
田楽なんかにも美味しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

ハボタン、アジュガ、シレネ、ヒヤシンス、チオノドクサ、スミシー

今朝撮った写真、プラス 一昨日の写真1枚(玄関のハボタン)

まずは家の前のハボタンから。
冬に作ったハボタンのコンテナ↓
06-03-23genkan4-600
寒さに強いハボタンと一緒に入れていた、同じく寒さに強いはずのガーデンシクラメンが、やっぱりダメでした。
あ~あ~~。次の冬はガーデンシクラメン、使わないぞ!(マイナス4度まで耐える、って書いてたのに。。。)
その代わりに先週、青いネモフィラをひとつだけ入れました。

一緒にコンテナに入ってるのは、
斑入りヒイラギ、コニファー(ブルーヘブンかな?)、ワイヤープランツ、ハボタン(背の高いもの一つ、低いの3つ)、パンジーの「青い鳥」。
パンジーとネモフィラが、青と青になったのだけど、「青い鳥」はお花はまだこれから。ネモフィラもこれから。
北入りの玄関なので、お花には冬はつらい場所です。今からはきっと大丈夫でしょう。
ハボタンを入れた寄せ植えの小さなポットが他に二つあり。


アジュガは大好きな花。
玄関前の花壇の隅に入っていて、毎年咲いています。

耐寒性多年草
花期: 5~6月
シソ科

↓これは新入りのアジュガ。普通のとはちょいと違う色のもの。
06-03-25ajuga1-600
微妙な色合いが面白い。
前も買ったことあるけど、消えてしまってますね・・・。

↓黄色系のオステオスペルマムのコンテナに追加で入れた、シレネ・アルペストリス。
06-03-25silene-600
ちっちゃくて可愛いです。
別名: 袋ナデシコ
ナデシコ科、一年草
草丈: 10cm~20cm

↓ようやくヒヤシンスが咲きました!レディ・ダービー
06-03-25hya1-600
これは何年たってるものやら。。
地植えで毎年咲いてますが、去年秋に、掘り返して分球し、同じ場所に植え替えました。
06-03-25hya3-600
去年のお花のページを見ても、ほぼ同じ写真が載ってます。
よかったらこちらも見てね。→→2005年春のヒヤシンス・レディダービー

で、すぐそばにあるのが、数回写真を載せているチオノドクサ。
↓ほぼ全部咲きました。
06-03-25chiono5-600
去年秋に初めて植えた、白のチオノドクサ・ルシリエアルバは、蕾がないですねえ。(アルバは写真左上の葉っぱ。)写真右上のは、クレマチス・ロウグチ。葉がぐんぐん伸びてきてます。

去年2005年春のチオノドクサは→→こちら

最後は、これもまた何度も載せた エリックスミシー。
うちのクリスマスローズは、珍しいものは一つもないけど、エリックスミシーはその中では一番美しいかなあ。たいしたものがない中で一番、と言っても、しょうがないけど。でもきれいです!
06-03-25smithy1-600
写真奥に写っているごく普通のオリエンタリス(赤紫と白)は、ひかえめに下を向いてるけど、スミシーはしゃきっと前を向いて、なんとなく誇らしげ。見て見て、って感じ。
06-03-25smithy4-600
実物はこんなに広がって咲いてません。

↓これは花としては終わりのほうだと思う。
06-03-25smithy7-600

↓こちらのほうが、上のよりも若いエリックスミシー。
06-03-25smithy10-600

こんなに何枚もエリックスミシーを載せたら、呆れられるかな。

この後に今日の晩ご飯を載せようと思ったけど、疲れてしまって・・・。今日は日中ずっと仕事行ってました。たまには稼がないとね!(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

アイスバード、アフリカンアイズ、ニゲル、オステオ、

今日は午前中はとても気持ちのよい天気だったけど、天気予報どおりに夜は雨。
ついさっき(夜11時)ののを迎えに駅まで行って、今もどったところです。駅まで遠いからしょうがない。雨だし。
息子はもう春休みなので、バイトに精出して小遣い稼ぎしてるようです。

今朝撮った写真。
↓八ヶ岳ビオラのアイスバード
06-03-22icebird2-600a
ビオラなので、もちろんパンジーよりも小ぶりだけど、青色が光を受けていっそうきれいに見えます。
ようやく春らしく暖かになったので、たくさん咲いてきました。

↓少し前に買って地植えした白花のへラボルス・ニゲル。
小さなポットだったけど、花がついていてそれはもう終わり。
今日見たら、また蕾ができていました。
06-03-22nigar2-600a
先日載せたチベタヌスよりも、同じ原種系でもこちらのほうが丈夫らしいです。葉っぱも増えたし、蕾もできてるし、丈夫なのはなにより。

↓レウカンセマム・アフリカンアイズ
06-03-22eyes600a
去年も寄せ植えに使って、とても美しかった花。キク科。
宿根だと思うのだけど、去年は夏を前に消えてしまいました。
でもとても気に入っていたので、また買ってみました。今年は地植えでどうかな。頑張れ!

去年春の、アフリカンアイズを使った寄せ植えは→こちら

↓今日の最後は、またまた登場で申し訳ないのだけども、昨日と同じオステオスペルマム。
06-03-22osteos1-600a

06-03-22osteos2-600a

自前の、しかも狭い庭の花しか載せてないので、どうしても同じ花が登場することになりますねぇ。
昨日「可愛い!」と思って撮って載せても、また今日も「昨日より可愛い!」と思うので、仕方ないですね。(笑)ご勘弁を!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

オステオスペルマム、ステイロディスカ、マーガレット、割れたコンテナその後

昨日の午前中に撮った写真です。
明るい日差しの下で、お花は輝いているのだけど、後ろはどうしても暗く写ります。オートだから仕方ないか。

↓オステオスペルマムの黄色のコンテナ
06-03-21osteos5-600
先日も載せたばかり(3月17日)だけど、春の日差しの下で黄色が目立ちます。元気に開いていて、とてもきれい。

↓同じコンテナに入れた、ステイロディスカス・ゴールドラッシュ。
黄色系のオステオスペルマム3種に合わせて、黄色小花のこのステイロディスカスを入れました。
06-03-21goldrush600a
・キク科、半耐寒性一年草、南アフリカ原産
・初春から咲き始め長く楽しめる花

ステイロディスカスという名前は知らなかったけど、こういう感じの小花の花はいろいろあるので、寄せ植えなどの組み合わせにいいですね。
小さいけど、黄色がはっきりしているので、オステオスペルマムに負けてません。

↓冬の間、ずっと室内の窓辺においていた、ピンクのマーガレット。小ぶりの花です。
3月に入ってから、ぐんと花数が増えましたが、窓辺で外に向いていた側だけに、花が密集しています。
暖かくなってきたしそろそろ外に、と数日前から日中だけ外に出していますが、夜はまだ怖いので(寒さ)室内に入れています。過保護かな?
06-03-21marg1-600
マーガレットは他のが3種4ポットあります。でも一つは寒さにやられて、復活するかどうかわからないです。
強い寒さに当たると、いっぺんでやられてしまって、それで失敗したことが数回。

↓だいぶ前に載せたことのあるチューリップとマラコイデスを入れたコンテナ。割れかかって、前回(1月10日)写真を載せました。
後方に原種系チューリップのリトルビューティー(レッドパープル)とリトルプリンセス(オレンジレッド)、真ん中にチューリップのブルーダイアモンド。手前にマラコイデス。

あの時は、割れ具合もまだ一部だったので、接着剤等でなんとかしようと思っていましたが、これだともうどうにもなりません。
06-03-21broken1-350a
ふちはかなりの部分が落ちてしまって、コンテナ全体にもひびが入ってます。

06-03-21broken4-600a
チューリップも根がはってることだし、こんなに元気な葉が出ているので、これからコンテナを取り替えるなんて、ちょっとできない・・・。
あの時もそう思ってそのままにしたのだけど、ここまできたら、それこそこのままでいくしかないかな。チューリップが咲き終わるまで、どうか崩れないで。。。

一緒に入ってる手前のマラコイデスは、寒さにやられて枯れてしまいました。
これを抜こうかどうしようか迷ってるところ。土をくずしたらコンテナますます危なくないかな?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

旅券事務所へ

長々と書いてた途中で、なにがどうなったのか突然画面が変わって、書いたものが全部消えてしまいました。
もう一回書くの、面倒だよ~~
これから書こうかパスしようか・・・

いつも長くなるので、やっぱ、書いてる途中でもこまめにアップするべき、かな。。。

気を取り直して!

* * *

昨日は電車に乗って、旅券事務所へパスポート申請に出かけました。
4月からの仕事で必要かもしれないと、オットがやたらばたばたしているので、仕方なく私が代理申請です。

今時パスポート持ってないっていうのも、あんまり大きな声じゃ言えないけど、我が家には海外旅行はほとんど縁のないお話なので、必要がなかったですね。この前お兄ちゃんがイギリスに行ってたということくらい。
我が家の場合、旅行は里帰り、くらいのもの。海外どころか国内旅行も近年はほとんどない状況であります。

で代理申請なのですが、申請は代理OKでも、受け取りは必ず本人。それで、日曜日に受け取りのできる旅券事務所に行く必要があったわけです。

出かけた先の旅券事務所、これがまたとんでもない混みようでした。
昨日3月20日はパスポートがICに切り替わる初日。(20日以前の申請は、ICじゃないので5年用申請に、ということでした。)しかも翌日(今日)は祝日で事務所も休み、おまけに今は春休み旅行に向けての申請、ということで、きっと普段でも混んでるとは思うけど、昨日の混み具合は普通じゃなかったです。

申請するための申し込み(?)をするのに、列が3重にも連なっていて、窓口にたどり着くのに1時間以上。申請の申し込みで書類をチェックしてもらい、不備がないのがざっとわかったら、今度は申請のために番号札をもらって、自分の番号がアナウンスされるまで待機します。申請するのにも、2段がまえです。
この待機に、2時間以上かかりました。あ~~疲れたあ~。。。

待合室は人でびっしり、しかも暑い。座る場所もない。
じっと待ってる気はなかったので、番号札をもらって即、近くのデパートへ入りました。
うろうろウィンドーショッピングでもしていたら、あっという間に時間がたつと思ったのだけど、いったいどれくらい待ったらいいのかわからなかったので、何回も行ったり来たり。これが疲れのもと。
喫茶店も混んでて入れない・・。
婦人服売り場はすっかり春もので、やわらかな色合いの洋服で溢れていました。目の毒なので、ささっと通り過ぎ。
地下の食料品売り場にも行ってみました。
あれこれ買う気はなかったけど、
06-03-21coffee2-500
コーヒー、買いました。デパートでは買ったことがなかったけど、美味しそうだったので。
100gずつ4種。

パスポートは、3時間以上かかってようやく申請できましたが、とうとう夕方になってしまいました。
旅行の予定はまったくないけど、私も取るだけ取っておこうかな。
行くなら、近場の事務所へ。近場だったら、まったく人がいなくて行ったら即申請完了。
オットも平日引取りできたら、その近場のほうがよかったのにと思う。

家の最寄り駅へ戻ってから、そのままスーパーへ。
そこで、こんなのを買いました。
06-03-21coffee1-350a
ハリオの水出しコーヒー用。特価の798円也。
これ、一度にコーヒー粉が80gも必要なので、この日に買ったコーヒーは(100gずつなので)もったいなくてできなかったです。
ためしに使ったのは、ちょっと美味しくなくてどうしようと思っていた(お兄ちゃんがドイツで買ったという)コーヒー。
お兄ちゃん、ごめんね。粉を惜しまず、思いっきり使いました。

水出しだとすっきりした味になって、まあまあでしたね。

パスポートの話が、最後はコーヒーの話になって終わりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

レンギョウ、エリックスミシー、恋おとめ、ストック、アズレウムetc.

青い空が清清しい、美しい春の日です。
風がなければ、もっといいんだけど。
昨日の風はこんなものじゃなかったので、先日同様に地面にコニファーの枯れた茶色の葉がいっぱい散っていて、ちょっとやだなあ。
今朝はすでに2度車だしをして、帰ってから家事もせずに庭の花を撮りました。

昨日も載せたクリスマスローズ・エリックスミシー。今朝もまた撮りました!
06-03-20smithy4-600

ふと見たら、すぐそばにあるクリスマスローズ・チベタヌスの花芽が折れてる!!
06-03-20chibeta-600
なんでなの~?!
ちょっと弱そうなクリスマスローズだけど、寒さでやられたのか、なんなのか。。。。。ショック。
もうすぐ咲きそうだったのに。。。。。本体は大丈夫そうだけど、花が見られないのは、ただただ残念。

気を取り直して、可愛いアズレウムをまたまた。小さな小人さんみたい、と思ってるのは私だけですね、きっと。。。
06-03-20az-600
月桂樹の小さめの木の下(コンテナ)のぐるりに入れてます。

それと、これもまた、チオノドクサ。
一昨日よりも昨日、昨日よりも今日、花は増えてます。可愛くてくらくらしそう~
06-03-20chiono1-600

06-03-20chiono2-600

クロッカスのフラワーレコード。大きい紫色のクロッカス。
白・紫のはピックウィック。それも巨大輪クロッカス。
06-03-20record-600

今年うちで植えたビオラで一番好きなのがこれ!!
恋おとめ↓
06-03-20otome-600a
うすーいやわらかいパープル色が、なんとも言えません。

で、同じコンテナに入ってるのがストック。
06-03-20contena1-600a

06-03-20contena2-600a
だんだん賑やかになってきているだけど、まだまだ。
これからもっと咲くことを期待してます。
すぐ脇に並んでいるコンテナにあるチューリップがどんどん大きくなってます。これが咲いたら、どんな風になるんだろう。わくわくします。
地植えのチューリップもあるので、春の花はこれからがお楽しみ!ですね。

同じコンテナのちょっと先にあるのが、やはり何度も載せた、レッドレパード(red leopard)。赤豹です。パンジー。
06-03-20redleopard-600a

最後に
ようやくレンギョウが咲き始めました!
06-03-20rengyou2-600
あんまり大きくなると困るので、花後と秋には短めにカットしています。
大振りに育って、枝がゆらゆらとゆれているのも良いのだけど、うちにはちょっと無理。
小さめで頑張ってもらってます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

クリスマスローズ・エリックスミシー

エリックスミシーが今咲いています。
最初はうつ伏せになっていた蕾が、少しずつ起き上がってきて、今は立ち上がってるどころか、反り返るように咲いていて、なんかヘンな感じ。

昨日3/18の写真。
06-03-18smithy1-600a
後方のがエリックスミシー。反り返ってるでしょ。
手前の白いのは、イングリッシュデージー。

エリックスミシーは花びらの色に微妙な変化があって、面白いです。


家にあるクリスマスローズは、これ以外には

イエローブロッチ(クリーム色にエンジのブロッチ)
オリエンタリスの黄花
オリエンタリスの赤紫と白
はくわ(白花)
チベタヌス
ニゲル

はくわ以外は、今咲いているか、蕾ありの状態。

早くHPにクリスマスローズのページをちゃんと作ろうとおもいつつも、ブログを書いて終わり、の毎日。
途中までのクリスマスローズのページがあるので、よかったら見てみてください。
こちら

できるだけ早めに、写真を追加するつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お昼はバジルソースの菜の花スパゲッティ

今日は午前中は風もなく穏やかなお天気だったのに、午後から風が出てきて、夕方には突風になっていました。
隙間から砂が入ってきて家がなんとなく汚れてしまうので、ひどい風の日は嫌いです。

お昼は私だけこれ↓でした。
06-03-19lunch350
さっと湯がいた菜の花を最後に絡めた、バジルソースのパスタ。

市販のバジルソース(Barillaのペーストジェノベーゼ)を使ったので、あっという間にできますね。。
出来合いのペーストを使うというのは、今はバジルの季節ではないから、ま、しょうがないか。
私的には、菜の花とバジルソースは意外とマッチして、けっこう美味しかったと思います。
オットは、私が2月に房総に行った時に買ってきた、「伊勢えびラーメン」を食べる、というので、あちらはそれ、私はこれ。
もう一人。ののは昼過ぎても夕方になっても起きてこないので、昼ご飯なし。(もちろん朝もなし・・。)

それから晩ご飯。
晩ご飯の1品は焼き魚だったので、大根おろしも作りました。
久々にオロシガネを使って、あれれ?と思ったことが。

オットは大根おろしが大好きで、毎日でも食べたいくらい。
私も好きだけど、でも、オロシガネでおろすというのが、実はダイキライなのであります。
ちょっとくらいだったらいいけど、やるときは大量なので、これがまたものすごく疲れる。疲れて腕の筋肉が(筋肉ないけど)ワナワナするわけです。

今日の大根おろしは、大きな大根半分。
おろしてみたら、今までと違って1/2本おろしても、平気なんですよね。

このところ、腕をひねる運動をしています。
両腕を後ろにして、「後ろでバイバイ」をするという、超簡単ストレッチ。
速くバイバイ、じゃなくて、ゆーっくりと数秒かけて、バーイ・・・バーイ・・・
これを一日たった20回するだけ。数分しかかかりません。

これだけでも筋肉ってけっこうつくもんなんですね。
妹はこれをやって2週間で力こぶができた、と言ってました。私は2ヶ月もかかりましたが。
二の腕の下が、たっぷんと袖のようになってた(恥ずかしい~)のが、すこーしだけほんのちょっぴりたっぷんが減りました。。。

今日大根おろしをして、実感。力こぶも、ちょっとフニャラとなってるけど、一応できたみたい。
今までまったくなかった筋肉が、ちょこっとだけついたんだなあー。
お恥ずかしい話です。

腕立て伏せでもすれば、もっと早く筋肉つくだろう、と言われそうだけど、それだと長続きしません・・・根性ないんで。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の朝ご飯(3/19)

夕べは晩ご飯を食べてから、ロクに片付けないままソファに寝てしまって、オットもそこらへんにころがってたはずだけど、明け方気づいたら、私だけがそのままリビングに。。。起こしてくれって。

まだ暗い中、洗い物をし(ほんとは夕べやるべきだけど)、それから、お風呂を沸かしている間にコーヒーを入れて飲みながらパソコンでも、というところでオットが起きてしまいました。残念・・・。

今朝は冷凍保存で残っていた食パンを処分(?)するべく、ピザトーストにしました。
食パンにのせたのは
ピザソース・玉ねぎみじん切り・ピーマンスライス・溶けるチーズ
写真を撮るほどのものではないですが。
06-03-19breakfast1-350a
一緒のベーグルは、やはり冷凍していたもので、バナナ&くるみ入り。美味しそう。でもこがしてしまいました。
ベーグルだけ先にとらなきゃいけなかったのですが。
06-03-19breakfast2-350a

朝ご飯↓
06-03-19breakfast3-350a

イチゴジャムは手作り。
数日前に生活クラブで買ったジャム用の安いイチゴを使って作りました。大量にできたのであらかた冷凍しました。
イチゴ、三温糖、レモン果汁少々
ベーグルは私が食べるので、この↓ジャムは私用。
06-03-19breakfast4-350a

昨日の残り物↓
06-03-19breakfast5-350a
先日義父を東京駅まで送っていった帰り、日本橋高島屋に寄ったら、岩手物産展をやっていました。そこで買った切干大根です。
「五色切干サラダ」というもの。
これは、15分水につけて戻したら、水を切ってドレッシングで和えるだけの超簡単切干野菜です。
昆布もたくさん入っていて、これを食べたらおなかの調子がよくなりますね。

これも残り物↓
06-03-19breakfast6-350a
ジャガイモ・ピーマン・玉ねぎ・ハムの入ったスパニッシュオムレツですが、3切れだけ残っていました。
作るときはいつも巨大ですが、これは冷たくなっても美味しいので、早めになくなります。

サラダに使った野菜はこれ↓
06-03-19vege600a
「エコ作」というへんてこな名前の生食サラダ用。
これがまた、きれいでうまいんですよね~!

「エコ作ギフト」というのをたまたまいただいたわけで、ハガキを出したら、ダンボールに入ったサラダ菜類が送られてきました。

グリーンマリーゴールド、グリーンローズ、レディッシュロザリア、フリルアイス
というわけのわからない名前だけど、もの自体はスーパーでよく見るような葉っぱ。
けっこう量が多かったので、お隣におすそわけしました。
量は多いけど、スーパーのごく普通のものよりも、柔らかいし美味しいので、思ったよりも早くなくなってきています。

それとハムは、大山ハム。
姪が仕事しているハムやさんですが、これがまた美味しいですね。(何度もだしてますが・・。)
こんなセットが超格安価格で買えました。
06-03-19breakfast6-600a
すいません・・・まだお金振り込んでません。

一緒に入っていたパンフレットは、姪が作ったものと思われます。
06-03-19daisen2-600a
写真右側に載っている料理&レシピも、姪が作っているようです。

大山ハムは→こちら

今見てみたら、私が買ったのと同じ「2006年春の新作」というセットが、3200円で売り出し中!
と思ったら、これ、もう終わってる??
次回があったら、是非!!

姪は大山ハムで料理ブログを書いてますので、よかったらそちらも読んでみてください。
ちなみに、3月11日の中に 「ベア」 というのがありますが、あれは、読んでくださってた方はきっとおわかりでしょう・・・


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

チオノドクサ咲き始め

可愛い小さなチオノドクサ。
これはピンクなのかな?パープルなのかな?やっぱりピンク?
ピンクジャイアントだと思いますがー。
数日前から蕾ができ、今朝見たら花が咲いていました。

06-03-18chiono2-600

06-03-18chiono3-600

06-03-18chiono4-600
小さいので群植するととってもきれい。
最初の頃よりも確かに増えています。
今年は脇のほうに、さらに小さな葉っぱが密生して大量に出てきていて、これは今年は咲かないかもしれないけど、来年はもっと球根が太って、きっと花が咲くはず。
06-03-18chiono5-600

チオノドクサが咲いているのは、家建物に接したところ。自分で土を入れて、花壇にした場所です。
そばにあるのは、ヒヤシンスとクレマチス・ロウグチ。
それと、
去年秋に、白いチオノドクサ(ルシリエアルバ)の球根15個を入れました。
そちらは蕾もまだ。咲くかな~。
咲くといいなあ。

去年2005年春のチオノドクサは→こちら

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

オステオスペルマムの黄色のコンテナ

春先元気の出る、黄色のコンテナを作りました。
うちにいくつもある木製の長方形のコンテナを使いましたが、入れたのは

・オステオルペルマム・・・・・宿根
     ふちが薄い黄色の白(商品名:サニーヘンリー)2株
     黄色のグラデーション(商品名:サニーアマンダ)2株
     黄色2株

・黄色小花のステイロディスカス・・・・・・キク科、半耐寒性一年草
     (商品名が「ゴールドラッシュ」というのかな。)

06-03-16new1-600

06-03-16new3-600

↓オステオスペルマム・サニーヘンリー
06-03-16new5-400a

↓オステオスペルマム・サニーアマンダ
06-03-16new6-400a

これから大きくなったら、ちょっと窮屈かもしれないです。
ただ交互に並べただけなので、寄せ植えとは言えないけど、色合いがきれいかなあと思います。

今日はとっても風が強くて、昨日同様に困ったお天気。
これから恵比寿に出かけるのですが、どうでしょう。都内の天気は??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

ホテルブレストンコート

娘の結婚式出席のため、実家の母は数日前に田舎から、私の家に来ていました。
結婚式前日のお昼に、軽井沢へ向かうことにしてましたが、私の姉と弟とも同じ新幹線でということにしていたので、東京駅ホームで待ち合わせをしました。
弟は仙台から、姉は広島から、ということなので、めったに集まることもなく、こうやって東京駅に集合して皆で軽井沢に行く、というのが感激のひとつでした。帰りも一緒。
一年前に父が亡くなったとき、20年ぶりくらいに姉妹弟4人全員が集まったのだけど、親姉妹弟が本州のあちこちに散ってしまっている為に大人になってからこういう風に集まるということは一度もなかったので、今回はうちの娘の結婚式のためではあったけど、皆が一同に会するということが、嬉しいことのひとつでした。
妹夫婦は、軽井沢駅前になるプリンスのアウトレットで買い物をする、ということで、行きだけ一足先に軽井沢へ。
娘と彼も、たまたま、ほんとに偶然に一緒の新幹線。ホームで皆に娘の結婚相手を紹介する成り行きとなりました。
オットの父と姉妹はやはり広島からですが、父が移動に時間がかかる為、残念ながらもっと遅い時間の新幹線で。
新幹線の時間に合わせて、2月に結婚したばかりの姪(姉の長女)夫婦が来てくれました。
手には、リングピローと手作りのベア。娘へのプレゼント。心温まる贈り物で、本当に嬉しかったです。

ホテルは軽井沢駅からは離れているのですが、シャトルバスが運行していて便利でした。
部屋はホテルロビーのある建物の外。ログハウスがたくさんあって、それが各部屋でした。
wedding41-500a

wedding42-500a

wedding46-500a

夕飯は敷地内にある「村民食堂」というところに皆で行きました。
ホテル建物内にはとてもすてきなレストランがあったけど、高いのでパス。
「村民食堂」は名前からしてたいして期待していなかったのですが、小屋のようなところかと思いきや、意外によさそう。
wedding25-500a
メニューは和食だけど、ちょっとしたところにオシャレさの見える料理でした。とても美味しかったです。
私は下戸だけど皆はけっこういける口で、焼酎だビールだとちゃんぽんで飲んで楽しく時間が過ぎました。こういうことも久しくなかったなあと、余計に楽しく思いました。

食事が済んでホテルに戻ってから、まだ時間が早かったのでラウンジでお茶を飲みました。
(下写真3枚はホテル建物入り口を入ってすぐのところとラウンジで、翌朝撮ったものです。)
wedding38-500a

wedding37-500a

wedding36-500a

朝の食事はバイキングでしたが、これがまたとてもオシャレ。
サラダは普通の野菜類とはまた違って、種類もすごく多くて美味しそう。
wedding26-500a

朝食のメインは卵で、オムレツかスクランブルかを選ぶものでした。
私はオムレツ。もちろん中は半熟。
wedding30-500a

パンにつけるジャムが、ものすごい種類で、それを載せるお皿も区分けのあるもの。
wedding31-500a
珍しいジャムもあって、ほぼ全部の種類を試してみました。
ジャム同様に、ハチミツの種類がこれまた多くて驚き。ヨーグルトにたらりとかけていただきました。

↓ここは食堂へ向かう途中のところ。
建物内全体がこんなトーンで、おしゃれです。
wedding35-500a

式は昼前、披露宴は午後から。
部屋で着替えを済ませ、荷物を全部持ってチェックアウトし荷物をクロークに預けました。
私は花嫁の母なのに、写真ばかり撮っていて、あとで考えてもあんなんでいいわけなかったなあと、ちょっと後悔です。もっと落着いてしっとりとすわっていればよかったかな・・・。もう終わってしまったけど、今考えると恥ずかしいです。

軽井沢の駅前のアウトレット。ちらりと見たら、若者でいっぱいでした。
wedding229-500a

wedding231-500a

帰りはまた全員で同じ新幹線でしたが、今度は義父が我が家へ少し滞在することになっていて一緒。
東京駅で皆と別れましたが、母は横浜の妹の家へ。弟は東北新幹線でそのまま仙台へ。姉は都内の自分の娘の家へ。
また今度会いましょう、と別れたのですが、こういうチャンスは誰か次の子供の結婚式かなあ、と思うと、私達もそういう年代に皆が入ったんだなあと、そういうことも感慨深いです。

義父は数日我が家にいて、また広島へ戻り、ようやく私もほっとしています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

ウェディングは”石の教会”で

先週末、軽井沢に行きました。
場所は星野リゾートの中にある、ホテルブレストンコート
敷地内に内村鑑三記念館「石の教会」という、ちょっと変わった建築物があり、お姉ちゃんはそこで式をあげました。

まだ寒い3月なのにどうして結婚式を軽井沢でするの??とも最初思いましたが、行ってみたら、なんのなんの、土曜日(3/11)の一日だけでも8組の結婚式をしたということで、行ってはじめて、けっこう人気のある場所なんだと認識した次第です。

ホテルブレストンコートの建物入り口
wedding500a
(写っている人は、無関係の人たちです。)

石の教会
wedding7-500a

石の教会
wedding10-500

石の教会
wedding11-500

石の教会
wedding13-500

姪ふたりがプレゼントしてくれたリングピロー。ありがとう!!
wedding127-500a

こちらも姪からのプレゼント。手作りのベア!可愛い~♪
仕事が忙しいのに、よく手作りする時間があったと思います。本当にありがとう!!
wedding128-500a

お見せできるのは、ドレスの後ろだけですが・・・
wedding136-500a


生のケーキをカットしました。
wedding167c500a
これを切り分けて、皆でいただきました。
中にアーモンドが全部で3粒だけ入っていて、それが入っていた人にはちょっとしたプレゼント贈呈。お兄ちゃんが当たりの一人!

披露宴会場の部屋全体をお見せできないのは残念だけど、びっくりするくらいオシャレな造りです。
立食形式だったけど、ちゃんと人数分のテーブル席もあり、結局は全員座って食事をしましたが、自由に立って動き回れたし、会話もあちらこちらに行ってできるので、とても和やかな楽しい披露宴となりました。
wedding212-500
食事は食べきれないくらいの量があり、都内からのお客さまが多いせいか、洗練されて美味しかったです。

最初は、地味婚で、とか言っていたのに、どんどん普通の結婚式のようにいろいろ盛り込まれていきました。
新郎の親戚の皆さんはお姉ちゃんを大歓迎してくれていて、一番喜んでくださっているのはご両親、特にお母様です。娘をお嫁にだして一番の心配は”嫁姑”のことなので、お姑さんが優しくて快活で、ひとり息子の嫁を大喜びで迎えてくれているのは、なによりのことです。お母様は、うちのおねえちゃんを ”○○○ちゃん” と最初からちゃんづけで呼んでいます。
結婚式・披露宴でのお姉ちゃんの幸せそうな笑顔が、しっかりと目にも心にも焼きつきました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

クロッカス黄と白と白紫

クロッカスも少しずつ咲いています。
最初に黄色(マンモスイエロー)でしたが、8日に今年初めての白(ジャンヌダルク)と白紫(ピックウィック)も咲きました。

白のジャンヌダルク↓
06-03-08crocus-w600

白紫のピックウィック
06-03-09crocus-p600

いつもの黄色(マンモスイエロー)
06-03-08crocus-y600

他には、スイセンのアーリーセンセーション↓写真は2度目かな3度目かな?
06-03-08early600

シラー・カンパヌラタもどんどん大きくなっています。青とピンクだけど、ピンクが青に負けてます。それは咲いてからのお楽しみ。
06-03-08sillar600

最後にパンジーを!レッド・レパード。
いつもパンサーだったか、なんだったか・・とわかんなくなって、そうだ、レパードだっ!と思い出す有様。
06-03-08redpan600

このあと1日か2日か3日か・・・ちょっとお休みしますので、どうかよろしく!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

可愛いアズレウム

なんだかものすごく忙しいので、写真だけを簡単にアップさせてください~。
昨日のムスカリ・アズレウム。
一昨日の写真もあってほんとはそれも載せたいところだけど・・・
06-03-09as7-600

06-03-09as3-600
同じアズレウムでも、こんなものあります↓
06-03-09as5-600

一日二日違うだけで、開き具合が違ってくるので、目が離せないところなのに、今日は見てないです。
明日も明後日も・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

クレマチス・ロウグチのこと

6日にロウグチ(篭口)の新芽の写真を載せました。
ぴよさんからのコメントに、ロウグチが原種かどうかということがあったのですが、さっさと書かなくて間があいちゃったので、手持ちの「園芸ガイド」に載っていた内容を、ここに書きますね。

◆篭口◆
・原種間交配種
・花径5~6cm
・開花期5~10月
・新枝咲き
・国内で作り出された秀花で、濃青紫色のベル形の花がとぎれることなく開花し、夏でもよく咲く。海外でも人気がある。
・株立ち状になりやすい半木立性。ワイヤ仕立てに向く品種です。

この我が家のロウグチは7~9年くらい(忘れてしまって・・)は経ってるものだけど、お花屋さんの裏の隅に押しやられて枯れ枝となっていたものを、ただでもらってきたものです。
その時は枯れ枝、と思っていたのだけど、クレマチスは冬は枯れ枝となるので、今となったらそれは当然。
ほんとに儲けものでした。

クレマチスの花の付き方には、 新枝咲き、 旧枝咲き、 新旧両枝咲き の3種類があります。

ロウグチは新枝咲きなので、前も書いたけど、強剪定してかまわないクレマチスです。
だから毎年新芽が出てくるし、季節の途中で切ってしまっても、また延びてきて花が咲きます。
面倒がないクレマチスです。

まだまだこれからだけど、今年の花が咲いたらまた見てくださいね!


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

室内のマーガレット・ノービア

窓辺にマーガレット・ノービアを置いているのですが、これ、実は濃ピンクのマーガレットです。
06-03-06nobie3-600
ピンクのはずが、完全に 白 ですねえ・・・。
晩秋に一度強い霜に当ててしまって、半分枯れかかったのを慌てて室内に取り込んで以来、ずっと窓辺においているコンテナもの。お日様にしっかりと当たっていないので、ピンクになりきれないのでしょうか。
もちろんピンクの花もついてます。
06-03-06nobie1-600
同じ株に、薄いピンク、濃いピンク、白。
とても不思議な感じ。
これから外に出して、しっかりと日光に当たったら、全部ちゃんと濃いピンクになるかな。

霜で半分枯れた部分はそれっきりだけど、ちゃんと形よく全体が整ってくれました。花茎がすうーっと伸びて花がつくのは、ノービエ特有かな、と思います。


このノービエ、実は前回写真を載せたとき花がけっこう赤っぽかったので、別の種類のマーガレット(赤いマーガレットの”ブライトカーマイン”)と間違えて書いてしまってます。訂正しとかないと。

2005年のマーガレット→→こちら


もう一枚、おまけの写真。
数日前も載せた ムスカリ・アズレウム を、昨日もまた撮りました。
数日前(じゃなくて1週間前でした!)の写真は→→こちら
06-03-06azlaum600a
たった2、3日で、また可愛さアップです!
花(蕾?)の上のほうは、もっとはっきりとパープルがかっていて、写真よりも実物の方が不思議な色合いです。
早く大きくなって頂戴!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おめでとうのボード

今日トールペイント教室に行って、いつものように描きながらいろいろと話をしていたら、先生が 「結婚式のときに飾るお祝いのボードを描けばいいのに。」 と言うんですよね。
私はそういうことはまったく考えていなかったし、そういう余裕はなかったので、あと数日というこの時期に先生が言い出したので、かえってびっくりしました。
で、先生の知り合いの結婚披露宴入り口に飾るのに、こんな風なのをプレゼントした、とか、本を出して見せて、こんなのも素敵、あんなのもいいね、とか、先生はのりのり状態。
私はといえば、もうこれからではとても無理だし、時間の余裕があったにしても、先生の見せてくれた絵は、今の私の技術ではまったく手に負えないわけでありまして・・・。

それでどうなったかと言いますと、
先生が描くことになったわけです。

なんて素晴らしい先生でしょう!!
今日を含めてあと4日。先生はやる気満々。

木工も、所属するお店に問い合わせをして在庫を尋ねてくれたり、自分の持ってる木工何点かを押入れから引っ張り出してきてくれたり、行動派の先生はなんでもやることが早いので驚きました。
あっという間に、「この木にこの絵を描きましょう」 と決まってしまいました。

私は感謝とあまりの申し訳なさに、言葉もありません。
感謝感激、というのはこういうことでしょう。

うちの娘にもあったことはないし、私はまだこの教室では新参者だし、しかも先生はお子さんが4人もいて、さらに大変なことには秋からお姑さんが同居してすったもんだの状態なのに、この身軽さ、行動のすばやさ。驚きました。

教室が終わってから、私はせめてもと、木工にサンディング(やすりかけ)を申し出ましたが、先生にとってはそんなのは10分くらいで済むことで、たいした手助けにはならないですが、私の気持ちです。
お昼が済んでから先生はさっそく取り掛かるようでした。
出来上がって写真を撮る余裕がある時に、ここに載せるかもしれないです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

ロウグチの新芽、チューリップ、ヒヤシンス、etc.

今朝撮った写真です。

ロウグチは釣鐘形のクレマチスで、紫色が美しく、私の大好きな花。
毎春新芽が出てきて枝を伸ばし、花を咲かせるので、秋に枝を根元から全部切ってしまっても構わない種類です。
少し前から芽が出てきました。
もっと暖かくなると、ものすごい勢いで伸びてきます。
06-03-06rouguchi600a

参考までに、7月13日に載せたロウグチ↓
05-07-13rouguchi400a


↓チューリップはこんな具合。コンテナ植えのもので、パステル色のユリ咲きです。
一緒に入っているのは、前回載せたクロッカス。
06-03-06tulip600a

↓別のコンテナに原種系のものを入れていますが、そちらは、土から出たばかりの形からして、かなり華奢です。
06-03-04blue600a
↑(これは3月4日の写真。)奥が原種系チューリップの リトルプリンセス と リトルビューティ。10~25cmの草丈。初めての花ですよ~♪
手前が、ローズ咲きのチューリップ、ブルーダイアモンド。アンジェリケのブルー版かなあ、と思っていますが。。。

2005年のチューリップは→こちらで。アンジェリケもあります!!


ヒヤシンスは何年も前から地植えしている、レディーダービー。ピンク色です。
今朝はこんな風↓
06-03-06hyacinthus600a
葉っぱの底にある蕾、少しずつ大きくなってきました。
今年はどの花も去年よりも立ち上がりが遅いです。どうしたのかな。
このヒヤシンスは、秋に株分けしましたが、分けた小さな球根から、今回ちゃんと花が咲くかなあ。
ヒヤシンスは水栽培とかコンテナの寄せ植えとかじゃなくて、地植えでもOKです。掘り返さなくても大丈夫。

2005年の同じヒヤシンスは→→こちら


↓最後に、ちょっと情けないうちのバラです。ミニバラだけど、ちょっとだけ大きめ。
薬をかけないので、虫食いにも病気にもやられ続けて散々な目にあってますが、丈夫です。今年もちゃんと芽吹きました。
06-03-06rose600a
近くのバラ好きの方は、薬かけないとバラはやっぱりだめ、とおっしゃってますが、うちのはミニだし小さなコンテナだし、薬はきらいなので、ダメならダメでしょうがないかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

イチゴのサワードリンク(続き)

先日仕込んだ(?)イチゴのサワードリンクから、今朝、イチゴを引き上げました。
06-03-06sour400
真っ赤じゃないけど、赤くてすてきな色の飲み物になりました。
これをお水や甘くない炭酸で割って飲みます。
リンゴ酢なので、普通のお酢のよりも飲みやすいかな。
もっと時間がたてば、色も濃くなり味も熟成してまろやかになります。

漬けたばかりのサワードリンクは→→こちら

引き上げたイチゴは色が薄くなっているのですが、これを小なべに移して三温糖を加え、即ジャムにしました。
水は足さないつもりだったけど、弱火でも煮詰まりそうだったので、ほんの少しだけ水を足しました。
最後の方は果肉をつぶすようにして、出来上がりはこんな具合↓
06-03-06sourjam1-300a
色が抜けているので、ジャムにしても赤くならないかと思ったけど、これくらい赤いと見た目遜色ないでしょ。
でも、お酢につけてたものなので、お酢の匂いと酸味が少々あります。
お酢の嫌いな人には向かないかもしれないけど、私は大丈夫。美味しかったです!
今朝のトーストにつけて食べましたが、よせばいいのにバターもつけたので、カロリーがちょっと、ね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

クロッカス咲き始め

ここ数日でクロッカスやシラー、チューリップ等の芽が急に出てきました。
1月2月はほとんど何もなくて、ただの枯れた庭だったのに、ようやく春めいてきて、これからの花の季節を期待させるような芽吹き具合です。

うちは、建物と敷地境界の柵までの通路のような狭い土部分に、無理やり植物を植えています。
↓こういう写真を載せるのは、ちょっと恥ずかしいのですが・・・
06-03-04crocus9-600a
囲いに使っているレンガを並び替えるなど手を入れ、もっと美しく変えようと思いつつも、そのままになっています。
宿根物と球根がたくさん入っていて、真冬は全く何もなくなりますが、ようやく芽が出始めて、これからが楽しみな場所。ハナニラ、シラー、クロッカス、チューリップが出始めてきました。スイセンは1種が咲いてます。
ここにある宿根物は、アスチルベ、オオベンケイソウ、アキレギア、シュウメイギク、シャスタデージー、セージ・・・。他には、タイム、オレガノも。
今朝早めの時間は、ぽつぽつ出始めたクロッカスもまだ蕾のままでした。

今日はお天気もよく日差しも明るい。
曇りの日は蕾のままのクロッカスだけど、こういう日こそ花開きます・・
06-03-04crocus1-600

秋・冬にクロッカスを掘り起こして植えなおしたので、今年は昨春よりもあちこちに植えてある状態です。
06-03-04crocus14-600a
まだぽつぽつ咲いているだけだけど、これからの1,2週間は目が離せないです。
掘り起こしたクロッカスの球根をあちこちにばら撒きましたが、球根自体が小さいので、今年よりは来年のほうがもっときれいかなと思っています。

↓チューリップ球根の手前にビオラが3株だけ並んでいます。まわりの隙間にクロッカスをたくさん入れました。
ビオラは1月ころダメになりそうでしたが、持ちこたえてよかったです。これから大きくなると思います。
06-03-04crocus17-600a

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今朝のご飯

最近シチューを作っていなかったなあと思って、今朝は簡単クリームシチューを作りました。
作ろうと思ったものの、よく見たら人参もジャガイモもない・・・
06-03-04breakfast350a
冷蔵庫に残っていた菜の花をシチューにしました。
菜の花は、例の房総旅行のものではありません。あれはとっくになくなってるので。

鶏もも肉、玉ねぎ、インゲン(冷凍物)、菜の花
バター、小麦粉、牛乳、コンソメ、塩、コショウ、ローリエ

菜の花に少し苦味があるので、大人向きのシチューかな。
菜の花はどっさり入れました。あんまりくたくたにするのは好きじゃなかったので最後にさっと入れるだけにしたので、余計、菜の花の味が残りました。
オットもののもお代わりしてくれてたので、美味しかったと思います。
他は、チーズトースト、残り物の炒め物、サラダ菜、キーウィ、コーヒー。

昼にお姉ちゃんがやってきて、家でご飯を食べました。
お姉ちゃんの荷物を整理する必要があったので、来てもらったのですが、おかげでいくらか物が減り、気持ちが幾分楽になりました。
預かってる荷物は、これからお姉ちゃんの住む場所がちゃんと決まってから、そこへ送ることになっているので、それまでの辛抱です。仕事の都合で、結婚式前に新居を決められないので、とりあえずこの1ヶ月くらいは今住んでいる所にそのまま仮住まいすることになっています。
これからのことをいろいろと相談したり話したりしましたが、親子で向かい合って話をする機会もこういう時だからこそで、今後のことを思うと、寂しい限りです。

8日には実家の母がここへきます。週末の結婚式後は、舅が我が家に滞在します。
それもあって家をあまり乱雑にしたくなかったのに、こういう時に子供3人が順番に家に荷物を運び込んでくれたのが、私としては大誤算。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イギリス土産(続き)

3月2日朝成田に出迎えに行って、昼前にはお兄ちゃんと一緒に家に戻ってきたのだけど、それからさっそくお土産の仕分けをしました。
これまでは旅行に行ってもお土産はいらないから、ということで、ほとんど買ってきてもらったことはなかったのだけど、お兄ちゃんがイギリスから戻るのを待っての今回の姉ちゃんの結婚式なので、また久々に集まる親兄弟用に買ってきてもらったわけです。

10月初めに出発したときは、バックパッカーのように背負った荷物が2つだけだったのに(とはいえ、数十キロあったと思う)、5ヵ月後に戻ってきたときは、巨大なスーツケースと、最初の荷物2つ、プラスアルファーになっていました。これから航空便と船便が着きます。
出発の時は荷物の重さに参ってしまって、帰りは背中にしょわずに手で引っ張るスーツケースで、ということになったのはよかったと思う。でも増えました。

メールでお土産は紅茶にする、ということだったけど、正直、こんなに買ってくるとは思わなかったです。
2日は帰ってからお昼を食べ、午後からお土産の仕分けをしました。
06-03-02souv4-600
(下3個は、レストランのオリジナルティー、と思われる種類。上はグリーンティー。紅茶と違う発酵させてないお茶ってこと??)
どれもこれも都内のデパートで買えるんじゃないかとも思ったけど、お土産はお土産、ということで・・・。

私がもしイギリス土産ということで持ち帰るのならば、もっと面白いイギリス的なものを買って帰るなあ、そうも思ったけど、まあ買い物をしたのが息子でしかも買い物慣れしてないので、こんなに大量に買ってきたその気遣いだけで、嬉しいです。

選んだ品物をわざわざ包装してもらう必要はまったくなかったのだけど、それは私がそう思うだけで、お兄ちゃんとしては皆に配るのだから、ちゃんとしないと、と思ったようです。

Harrods(ハロッズ)は、包装が有料でしかもむちゃくちゃ高かったようです。
包んでくれたのは、イギリス人の若い男の子で、1個を包むのにかなりの時間を要し、しかもリボンは最初から作ってあったものを両面テープで貼り付けただけ。包み方もぎこちなく、とてもきれいな仕上がりとは言えません。これで料金が高いのだから、かなりもったいなかったです。

Fortnum&Mason(フォートナムメイスン)は一定の量を超えると、包装は無料。しかもきれい。
包んでくれたのが、なぜか日本人店員さんだったようで、ものすごいスピードであっという間にきれいに包んでくれて、Harrodsとの違い(というよりも人の違いかな)に彼も驚いたと話してくれました。

さすが日本人は手先が器用だよ、ということにもなりました。
日本のお店では無料できれいに包んでリボンも美しくかけてくれるのが当たり前になってるけど、あれを当たり前だと思っちゃいけない、という話にもなったのだけど、むしろ、お兄ちゃんがそういうことを今頃になって知った、ということにもちょっと驚きました。
プレゼントの包装は、普通はお店に頼まないで、自分でするんじゃないかと思う。そのためにきれいな包装紙etc.が売られているわけなので。。。
でも、これまで買い物はあまり好まないお兄ちゃんだったけど、イギリスでお土産探しでハロッズを歩き回って、デパートめぐりも楽しいねえ、と言うようになったのは、お兄ちゃんとしては意識の改革(大げさか)です。


今日4日は、お兄ちゃんの大学では研究発表が行われることになっていて、2日に戻ったばかりなのに、その準備があって実は大変。
時差もあってもともと睡眠不足なのに2日はずっと夜中じゅう起きて、パソコンに向かっていました。
昨日の夜になって都内に戻りましたが、直前、作った資料をプリントアウトしようとしたけど、お兄ちゃんのパソコンには、うちのプリンタのドライバが入ってないし、代わりにうちのパソコンでそれを打ち出そうにも、使ったパワーポイントが入っていなくて、夕方からすったもんだの大忙しでした。
使おうとしたヒューレッドパッカードの複合機のドライバを入れるのにやたら時間がかかり、しかも結局インストールできなくて、なんのことはない、もう一台のキャノンのプリンタドライバを入れて、無事プリントアウトしました。
晩ご飯は要らない、ということだったけど、しっかりと食べて、困ったよ眠くなってきたよ、と言いながら、夜9時過ぎに都内に戻りました。
車を出す時、雪が窓ガラスをびっちりふさいでいたのには驚きました。雪降ったんだ。


イギリスから持ってきた巨大スーツケースは、中身ごと家に残りました。
しかもこれからまだ荷物が届く・・・。

お兄ちゃんと入れ替わりに、時間差でののが都内のお兄ちゃんの部屋から戻ってきたのだけど、彼もまたスーツケースで帰宅し、しかもまだ荷物が残っているので、明日(今日のこと)もう一度取りに行くから、ということで、我が家にはまたまた荷物がふえていく。
もうどうしたらいいかわかりませんねぇ。
私一人、ちまちま物を減らすべく整理・処分していても、一方的に家に荷物がたまってきています。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

イギリス土産

今朝9時20分のKLMオランダ航空で、お兄ちゃんは5ヶ月ぶりに成田に戻ってきました。
私は成田まで迎えに行ったのだけど、飛行機は少し早めに着いていて、あまり待たずにすみました。
行きは、直前まで試験があり部屋の掃除・荷物整理もぎりぎりに終えてなんとか出発したので、げっそりとやせこけていたのだけど、今日戻ってきたその顔は普通になったようでした。元気そうでよかったです。

行きの数倍の量の荷物を持って帰ってきましたが、本当はもっとたくさんあったらしくかなりの重量オーバーで、ヒースローの税関で、「余分の荷物を捨てるか、送るかしろ」と言われたらしいです。「捨てるか」ってのがすごい。捨てる選択肢をとるくらいなら、最初から荷物にしないって・・・。

それで、重量オーバーとなった原因の一部がこれ↓
06-03-02souv3-350a
たいした重さじゃないのに、とも思うけど・・・
日本でも売ってるけど、イギリスと言えばやはり紅茶なので、Fortnum & Mason の紅茶、Harrods の紅茶 各種。
白っぽい緑色の缶のは、グリーンティーと書いてあって、写真の中では群を抜いて高かったようです。

お兄ちゃんが、お土産は紅茶にする、というので、「日本にはなさそうなのをお店で聞いて買ってきて」 と頼んだのだけど、日本にないものって、いったいどれなんだ?!・・どれもありそう。
でも、たぶんないだろうなあと思ったのが、イギリス有名(?)レストランのオリジナルブレンドティー3種。

お土産の紅茶は、写真のものに以外にもまだたくさんにあります。親・姉妹弟に渡すつもりです。

↓マスタード(右端。フランス旅行のとき買ったもの)とジャム(これはHarrods)
06-03-02souv2-350
(上のはコーヒー。オーストリアでのもの?)
マスタードは色がなんと赤紫色。びっくりしました。味見したいけど、1個しかないからなぁ。もったいない。

こちらは軽いです!
クリスマスツリーのオーナメント。
06-03-02souv1-350a
ガラス製のものが1個、割れていて、惜しかったです。ベルギーかどこかで買ったものらしい。

お兄ちゃんは大学が休みになると即旅行に出ていたようです。バックパッカー。けちけち貧乏旅行。

これ、まだ終わってないのですが、続きはこのあとにまた明日・・・(眠くてくらくらしてる。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

イチゴのサワードリンク

一年に何度か、お酢と果物を使ったサワードリンクを作っておりまして、今朝は急に思い立って、昨日買ったイチゴを入れて作りました。

作ったと言っても、たいした作業をするわけではありません。

生活クラブの戸配で買い置きしていたハチミツとリンゴ酢。それとイチゴ。
リンゴ酢は100%リンゴジュースでできたものです。
お酢自体がすっきりして飲みやすいと思います。
06-03-01sour1-400
イチゴ、ハチミツ、酢。
それをきれいなビンに入れる。おしまい!

普通はビンを熱湯消毒とかするのでしょうが、ちゃんと洗って水気がなくなっていれば、私はよしとしています。
イチゴを入れる前に、お酢や焼酎をちょこっと入れてビンをぐるりと回して捨てる。それで消毒した気になっていますが、今までこれで中のものが腐った・カビが生えたということは、一度もありません。

分量は適当ですが、だいたい同量を基本として、あとは好みに応じて加減します。
私はすっぱいものが好きなので、お酢が多めです。
06-03-01sour2-400
イチゴが浮くので、たまにビンをゆすってあげます。
数日したらイチゴを取り出して冷蔵します。イチゴはジャムにでもするといいかも。

梅酒や梅ジュース、他のフルーツのサワードリンクやジュースを作る時も同じですが、甘みは、氷砂糖だったり今回のようにハチミツだったり。今回はハチミツ。
ビンもハチミツの空きビンです。同じものを購入しているので、同じビンがたまります。(他のビンは即処分。)
台所に同じようなビンが並んでいるとそれだけで幸せな気分。単純なものですね。

イチゴのサワードリンクは、今家にあるグレープフルーツのサワーよりも、きれいな色なので楽しいかも。
水や炭酸水etc.で割って飲みます。(私はアルコールがまったくダメ。)

お酢をいれないで、イチゴとハチミツだけでも美味しいきれいなイチゴジュースができるけど、できればお酢を取りたいと思っているので、毎回サワーです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »