« シラーの季節♪ | トップページ | 連休中と連休明けの庭 »

2008年5月 8日 (木)

たまたんと一緒に南房パラダイスへ

たまたんが泊まりにやってくるというので、急遽ネット検索して、房総白浜に1泊の宿をとりました。
ゴールデンウィークなのでので、けっこうあっちもこっちもいっぱいだったみたいですが、なんとかなりました。

5/3の午前中、お姉ちゃん(長女)が車を運転してたまたんと二人やってきました。だんな様は連休中はお仕事。ご苦労さま。
普段はあちらのご両親の家にはかなり頻繁に行っているので、「連休中は実家に帰ったら。」と、お父さんが言ってくれたようです。有り難いです。

午後からお姉ちゃんは、久々に美容院に行きたいということで、一緒に出かけて、たまたんを預かりました。ちょうどその建物内ではアンパンマンショーがあったんですよ。ラッキー~!!
080503fululu_21

アンパンマンショーの後、普段は行ったことのないゲームセンターに入ってみました。
UFOキャッチャーで、可愛いおもちゃのワンコをゲットしたかったけど、難しいですねー。あんなのムリ。
080503fululu_47
機械のそばに、見本で置いてあった、そのおもちゃのワンコに狂喜するたまたん。
実によくできていて、あれは本気で欲しかったです。

翌5/4の朝、お姉ちゃんの運転で南房総へ出発。
あちこち行かないで、宿をとった白浜あたりだけで楽しむことにしました。

南房パラダイスへ行きました。
080504nambou_13080504nambou_213080504nambou_227

初めての場所でしたが、面白い施設がいろいろありました。
特に動物コーナーがよかったです。直に触れ合えるのがすごいです。

たまたんはいつもお気に入りの「ぶうふ」(毛布)を持っています。
080504nambou_43
一日中、絶対に離さないので、小さくカットして枚数をふやしてあります。

ヤギさんとかポニーちゃんとか、いろんな動物がいて、しかも柵の中に入って触れます。
080504nambou_116
たまたんは、ポニーちゃんに近寄られてかなり恐がりました。
ヤギさんも、離れている分には嬉しそうなんだけど、近づくとかじられそうでびびって泣きます。でもジジにだっこされて、ヤギの柵の中に入りました。

ヤギさんを連れて、お散歩もできるみたい。これは笑えます。
写真はよその子。言うことをきかないヤギさんに、ちょっと手こずりつつも、しっかり引っ張っていました。
080504nambou_149

鳥さんたちが放されている建物にも入れます。かなりの数がいます。
よくみんな平気だねぇ。私はコワいよ。。。
080504nambou_138

園内にはこんな↓乗り物も。
080504nambou_222

宿についてから、近くを散策しました。
080504nambou_236080504nambou_239

ひとりたたずむたまたん。(うそ)

翌日、すぐこの脇にある船着場から、小さな船に乗りました。
床に貼ってあるガラス越しに、海底を泳ぐ魚が見える、ということだったんだけどね。。
080505nambou080505nambou_14


水が濁っていて、さっぱり見えませんでした。
しかも、岸で見たよりも波が高くて、船が予想外に揺れる。。。

気持ち悪くなったらしく、たまたん、泣きました。。
こんなお天気の中、岩の上では、釣り人たちが頑張っておりましたが、とても釣れるようには見えないわけで。。。


とまあ、いろいろあったけど
いっぱい見ていっぱい歩き、食欲も旺盛で、楽しい一泊旅行になりました。

あっ!帰りにいちご狩りもしましたよ。
いちご狩りは、翌5/6でおしまい、と言われました。
080505nambou_54
いちご狩りは、2月が一番きれいなのが食べられるようですね。
熟しすぎっぽかったけど、よく選んで、たまたんも私たちもたくさん食べました。

帰りはジジが運転。
申し訳ないけど、運転はお姉ちゃんのほうが断然うまいです。

帰宅してから、狭い我家の庭で、たまたんを撮りました。
080505niwa_63
だっこしているワンワンは、あのUFOキャッチャーのワンコとはまるで違い、シンプルな動きと鳴き方しかしません(しかも壊れている)。でもたまたん、可愛がってます。
080505niwa_82

こうやって見ても、本当にうちの庭って、たまたんサイズだわあ~


5/6、たまたんとお姉ちゃんは、来た時と同様に、車で帰って行きました。
急にしーんとした我家。
今週末には、今度は息子2人が同時に帰宅だって。やれやれ。

楽しいたまたんとの3日間だったけど、それ以外ではストレスのたまることがあれこれあって、パソコン(ブログ)も開かずじまいでした。コメントいただいていたのに、申し訳なかったです。
普段は、夜はあんまりテレビは見ない(見られない)のだけど、夕べは「余命一ヶ月の花嫁」という番組を見て泣きました。初回の放送も見たことがあり、あの時も泣きました。

風を感じることの幸せ
明日も命があるっていうことの幸せ

テレビを見て感動していたはずなのに、少したつと感謝する心も薄れ、ちょっとしたことに怒ったりストレスを感じたりするとは、実に情けない。情けないのただひとこと。小さなことだけどいろんなことが連続してうまくいかないのも、自分が悪いからだろうなとも思う。

皆様にコメントをいただいていたのに、おじゃまもせずコメントも残さず、誠に申し訳ないです。
ぼちぼちお伺いいたしますので、何卒よろしく。

|

« シラーの季節♪ | トップページ | 連休中と連休明けの庭 »

日記」カテゴリの記事

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
お孫さん可愛い盛りですね。
一緒に楽しまれている様子が伝わってきました。

投稿: mico | 2008年5月 9日 (金) 07:17

◇micoさん、おはようございます。
会うたびに成長の度合いがわかりますねー。
子育てって、やっぱり大変だなあと思います。
一泊だけだったけど、滅多に出かけられないので
本当によかったです。

投稿: minigarden | 2008年5月 9日 (金) 07:45

お姉ちゃん偉いですね。ちゃんとご主人のご両親の所にも行って。元家の娘、向こうのお母さんがというか家庭が(弟が2人いる)男の子ばかりで淡白のようで、婿さん自身もあまりいかないとかで、向こうのお母さんもまだ新居に来ても上がることもなく帰るのだとか。うちが結構親戚づきあいが深いほうなのでバアバがいろいろ五月蝿く言ってます。
たまたんがかわいくて。つい見入っちゃいます。
余命一ヶ月の花嫁、途中からしか見れなかったけれど、慶も泣きました。まだ、結果が分からないので書けないんですけど、身近にこれに近いことが起こっているんです。だから余計見入ってしまいました。大事なことだから、この花嫁のメッセージではないけれど女性はもちろん男性も、少しだけ考えて欲しいです。

投稿: | 2008年5月 9日 (金) 22:25

◇慶ちゃんへ
娘は、向こうの家には日帰りで月に3度ほど行っているようです。車で行ったら近いんですよ。自分とたまたんと二人で行って、ということが多いようです。娘夫婦とご両親とは、一緒にちょっと旅行したり、ということも多いので、「たまには実家に行ってきたら」ということになるようです。
結婚は急だったので面食らったけど、向こうのご両親にはとても喜ばれているので、本当によかったと思います。
私は娘もよくやってると思うけど、あちらのご両親もさっぱりした気持ちのよい性格なので、よかったんです。やっぱり、うまく行くもいかないも、片方だけではどうにもなりません。
「余命・・」は本当に何度見ても泣けてきます。自分の生活や性格を反省させられます。
身近に同様のことがあるのはつらいです。そうじゃないのを祈ります。

追記: ちょっと気になったので、もうちょっと。お嬢さんのお姑さんのことです。
子供が息子だけだからって淡白なはずは絶対ないと思ってます。むしろ逆なのでは。性格的にあっさりしたところもあるのかもしれないけど、お姑さんで苦労されたという話だったので、そのお母さんは深入りしたり口出し手出ししたりして嫌われないように、遠慮しているのでは?お嬢さんのほうからご両親の家に遊びに行ったら、どんなに喜ばれることでしょう。
余計なことかなぁとも思ったけど、そのお姑さんの気持ちがなんとなく分かるようにも思えたので。私は、うちの息子が結婚したら、新居にはきっと遠慮して行かない(行けない)かも。
ちなみに、うちの娘のところにもお姑さんは行かないです。

投稿: minigarden | 2008年5月 9日 (金) 23:23

かわいい!!! たまたん。
大きくなったね、たまたん。
お嫁さんが「来てください」と言っていたので、連休に遠慮しないで行けばよかったと、たまたん見て、慶さんとのやりとり読んで思いました。
でもうちは、犬もいるし、息子と夫の休みが合わないし、泊まりではなかなか行けません。
遠くに住んでいるので、年に3~4回位しか逢えないけど、付かず離れず、これくらいがちょうどいいかもしれないと思っています。
娘さんは、けっこう実家べったりの人が多いって聞くのに、minigardenさんの娘さんは感心だし、minigardenさんも、古いようだけど、嫁にやった子とわきまえていらっしゃるからと思います。
今はそんな時代じゃないんですけどね。

投稿: ネモフィラブルー | 2008年5月11日 (日) 12:17

◇ネモフィラブルーさんへ
たまたん、会うたびにいろんなことができるようになってます。
オットはしょっちゅう携帯のテレビ電話を使っているので
たまたんは、ジジとは顔なじみ(?)なんですよ。
便利な道具があるので、近くにいなくても会った気になってるみたいです。
一般的に、娘はほおっておいても実家のほうを向くものなので
むしろ舅姑さんと親しくやってくれてると安心です。
でも、息子のほうはどうでしょうね。
私は娘よりも息子のほうが気がかりになります。これって、よくないですね。
ネモフィラブルーさんはとてもよいお姑さんのように思いますよ!

投稿: minigarden | 2008年5月11日 (日) 23:01

たまたん、可愛いね~♪
久しぶりに写真見せてもらって、嬉しいです~♪

この間、4月の初めに長男一家が、ポーランドに行ってしまい、(仕事なので、3年くらい帰れません)4才と1歳の孫も一緒に行ってしまったので、私は今、ちょっと寂しいんですよ。(でも、次男のところにも、昨年12月に男の子が生まれて、しょっちゅう来てくれるようになったので、良かったんです~)
ポーランドに行く前に、長男が「スカイプ」って、無料のテレビ電話をパソコンにセットしていってくれて、先日の母の日に電話をくれました。久しぶりに孫と話しができて姿も見れて、すご~く嬉しかったです~
テレビ電話が出来るなんて、考えもしなかったけど、便利な世の中になったものですね~。

投稿: ポエポエ | 2008年5月14日 (水) 21:34

◇ポエポエさんへ
ポーランドですか~遠いですねぇ。
でも、滞在中に一度か二度は遊びに行っても良さそうですね!
二男さんにもお子さん!おめでとうございます!!
ポエポエさん、ずっとお若いと思っていたので、ちょっと意外でしたよ。そうっか、お仲間でしたか。バーバ仲間!(笑)
スカイプはパソコン教室で使ったことがありましたが、便利そうですね。無料だから、頻繁に使っても大丈夫だし。
オットは携帯で、夕方仕事が一段落した頃にしょっちゅうテレビ電話でたまたんとお話しているみたいです。
いろんな便利な道具があるので、遠くてもその気になれば!ですよね。

投稿: minigarden | 2008年5月15日 (木) 00:11

この記事へのコメントは終了しました。

« シラーの季節♪ | トップページ | 連休中と連休明けの庭 »