« 奈良へ二泊三日の旅 | トップページ | 春の小さな花~スノーフレーク、レンギョウ、クルシアナクリサンタ蕾 »

2010年3月26日 (金)

春の小さな花~チオノドクサ、ピンクのハナニラ、ボロニア、スミレ

3月も後半になると、急激にいろんなものが咲き出します。

出かけて留守にすることもあったとはいえ、それにしても不精して、せっかくのお花をアップしないままに、どんどん咲き進んでいるものがけっこうあります。
写真は撮っているのに。

不精もしているけど、いつも同じ場所の同じような写真なので、お見せするのは躊躇しつつ、ですねー。coldsweats01

チオノドクサのアップは急がないと!

3/13に蕾を載せたっきりだったけど、今はもう終わりそう。。。

↓出窓の下のヒヤシンス(ピンクとブルー)とチオノドクサ(ピンク色のピンクジャイアント)。

100323s9c

ヒヤシンスは年数が経っていて、かなりバラけて咲いていますが、自然な感じでなかなか好いです!

100323s9e

チオノドクサは小さいお花だけど、どんどん数が増えて密集して咲いています。
球根ですよ。

100323s9k

チオノドクサの白(ルシリエアルバ)もあるはずなんだけど。見当たらないです。。

写真でははっきりしていないけど、ここにはクレマチスのロウグチが入っていて、新芽が出てきています。
濃いピンクのオギザリスも、根元でもじゃもじゃしています。

↓もじゃもじゃと言えば、とにかくハナニラがすごい。
地面の中では、ちっちゃなハナニラの球根がひしめいてると思う。

今年のハナニラ、
ピンク色(ピンクスター)が先に咲きだしました。例年はブルーが先なのに、とても不思議。

100323e2hana1

↓コンテナで咲いてもらった今年のフリチラリアのウバーバルビス・ミハイロフスキー

100326con2c

このお花、とても面白いですよね。なんだか、ちっちゃなプルーンみたいです。

数年物のウバーバルビスで、葉っぱの数がすごい。

お花はまだ3つだけ。他はこれからなのか、もう咲かないのか。。。

↓寄せ植えコンテナに入ってもらっているボロニア。とてもきれいです。
お花は小さいけど、けっこう目立ちます。

100323s6c

↓地植えでどんどん増えてくれている、スミレ。薄いブルー。

100326w2

ピンク色の同じスミレも、数が増えています。アジュガの上になり下になり、ランナーで広がってきていて、頼もしいです。(カメラが届かず、写しにくい)

100326w3

スミレは、うちのミニガーデンには他に数種類あって、お花はまだこれからです。
スミレはさりげない花だけど、愛らしくもあり、かつたくましくもあり。

H.エリックスミシーもどんどん咲き進んで、いよいよ色も赤っぽく変わってきました。終わりは近い?!

100326w5f

相変わらずのごちゃごちゃ花壇。小さなお花が多い。

100326w9eric2

↓H.エリックスミシー

100326w9eric1

↓もう1株ある、H.エリックスミシー
こちらも同様の花色に変わっています。この花色の変化が、エリックスミシーの美しさ!

100326s4

このエリックスミシーの手前が、ニゲルコルスのバレンタイングリーン。こちらも随分と長い間咲いてくれています。

100326s5

↓そばにある、H.アーグチフォリウスも花数が増え、これくらいになっています。

100326s6b

↓来春に花をつける茎。
今年のアーグチフォリウスは、たったの1本。
その株元には、来春花をつける予定の新芽が数本のびてきていて、今から楽しみです。来年はもっとゴージャスになりそう!

100326s6c

↓アーグチフォリウスがこんなに背高になるとは思わず、バラ(ブリーーズオブグローリー)と接近しておりまして。

100326s7

茂る時期がずれているので、まっいいか。

|

« 奈良へ二泊三日の旅 | トップページ | 春の小さな花~スノーフレーク、レンギョウ、クルシアナクリサンタ蕾 »

ガーデニング」カテゴリの記事

ガーデニング10/03」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奈良へ二泊三日の旅 | トップページ | 春の小さな花~スノーフレーク、レンギョウ、クルシアナクリサンタ蕾 »