« 10月の庭*ヒューケラ&クリスマスローズ | トップページ | 10月のフラワーアレンジメント »

2010年10月22日 (金)

母のクリスマスローズ花壇

さっぱり更新もせず、ご無沙汰ばかりで申し訳ないですが、元気です!

10/19と10/20は、オットは京都に一泊で出張だったので、私も(こっそりと)実家に一泊で行って来ました。

「こっそりと」っていうのがすごいでしょ。(笑)

出張がわかっていたので、10月に入って少ししてからJR東のえきねっとで10%オフのちょっとお得な切符を買い、数日前に外出したついでにJRの緑の窓口で早めに切符を引き取っておりました。

19日朝オットを送り出してから、大急ぎで台所・洗濯・掃除etc.の家事を済ませて駅へ。電車に乗り、東京駅発の11時ころの新幹線に乗り、バスに乗り換えて3時過ぎには北の小さな町にある母の家に到着。

101020chri1

別に、内緒で出かけなくても、ちゃんと話してもよかったんですよ。

でも、新幹線に乗って出かけて行って戻って、まるで何事もなかったように、っていうのが、我ながら面白い気分。

たまにはいいかなあとも思うし、実家には1年ぶりだったわけだし。

20日の夕方5時半過ぎには、ちゃんと家に戻っていたので、荷物も片づけて台所仕事も洗濯ものの片付けも済ませることができました。

まるでなにごともなかったみたいでしょ。(笑)

こういう感じが面白いです。

101020chri2

母の家の隙間スペースには、去年の夏の終わりに帰った時はなかったクリスマスローズ花壇ができていました。

話は聞いていたので、どんなかなあと興味もありまして。

一緒に植わっているアジサイ

このアジサイは昨年行った時もありましたが、その時よりもひと回り大きくなっていました。

お隣のおじさんが勝手に(母の知らないうちに)土を入れて、植えてくれていたアジサイです。

私も育った町ではあるけど、田舎の人間関係というか人づきあいというか、ちょっと摩訶不思議なところがあります。

人んちに勝手に花を植えてくって普通はありえませんが、ここではありうる話です。ここでは不思議でもなんでもない。

アジサイでも咲いてたらよかろうと、そういう親切心でしょうかねえ。

写真↓に写っている壁はそのおじさんちの壁で、こう言っちゃなんだけど壊れかけております。それはそれ、どうにもなりません。

101020chri4

母はガーデニングにはまったく興味がないです。

お隣のおじさん(っていうか、おじいさん)が、越してきたばかりの母の地面が殺風景ではなんだろうっていうんで、日陰のここにふさわしいアジサイを入れてくれた、というところですね。

すぐ上の写真(3枚目です)の右上奥

そこに小さく映っている柘植等々の和風の木は、別の知り合いの人が、これも、タダで木を選び土を運び込んで植えてくれたものらしい。
この部分だけ、和風の坪庭風になっております。

昔お世話になっていたから、ということらしかったけど、これも都会では考えられない摩訶不思議のひとつです。(笑)

101020chri6

で、クリスマスローズですが

大雑把な写真しか撮ってこなかったのが悔やまれるところだけど

従兄がクリスマスローズの研究家でありまして、自分で交配した株を、今年の春だったか夏前だったかに、この場所に大量に植えていってくれたようです。

クリスマスローズに適した土を入れ、ちゃんと土止めもしてあって、なるほどなあと思いました。

株には1つ1つ小さなタグがついています。プロ仕様の表示でしたが、アップ写真がなくて残念です。

101020chri8

すぐ上↑写真の右下

この写真↓で言えば右上隅に、クリスマスローズの株が途切れた土部分があります。

101020chri7

ここには・・・

クリスマスローズの非常に貴重な株をいくつか入れていたらしいです。

いとこが、自分の種苗場におくと盗まれるので(高価なクリスマスローズを勝手に盗っていく不届き者がかなりいるらしい)、ここに入れていたという話でした。

人のものも自分のものも一緒くたで、人の敷地に入り込んでも罪悪感ってものが薄いのかもしれません。
クリスマスローズ泥棒に関しては、よそで売れば高額になるのがわかっていて盗っていくのだから、本当にけしからん話です。

で、この株たちは、残念ながら夏を乗り切れずに消滅したようで。。。

新種のクリスマスローズだったのではと、想像しています。

この花壇とは別に、敷地のもう1辺にも、同様のクリスマスローズ花壇を作りたいと、従兄が言っていたとのことで、母は好きなように使ってと、そういうことになっているみたい。

なんだか羨ましいです。

私にもクリスマスローズ頂戴!!と切に思う。
従兄が交配して作った新種の株、それが欲しい!

実家に帰った時は、必ず手土産を持って親戚回りをするのだけど、今回はそういうことをしている時間もなくて、着いた夕方から夜・翌朝、母とずっとおしゃべりをして、ごはんを食べて、それで時間切れでした。
昼前にバスに乗り、昼過ぎの新幹線に乗って、東京駅には4時に着きました。
かろうじてラッシュには合わず、夕刻には帰宅できて、すっきり荷物の片づけをし、家事の続きをして、二日間の帳尻を合わせて、オットの帰宅を迎えました。

あっという間のことだったけど、たまに電車に乗っての遠出は楽しいです。
今日もまだ、気分が違っています。

母も、自分の娘たちが(頻繁ではないにしても)順にやって来て話をするのも嬉しいことだと思います。

一人暮らしながら、大量の料理をして日々元気に暮らし、家の中もすっきり片づけて美しく住まい、友達や親戚と毎日のようにつきあいがある生活を送ってくれているのが、何よりの安心です。

追記です。

よかったらこちらもどうぞ!→→母の朝ごはん

|

« 10月の庭*ヒューケラ&クリスマスローズ | トップページ | 10月のフラワーアレンジメント »

お出かけ」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月の庭*ヒューケラ&クリスマスローズ | トップページ | 10月のフラワーアレンジメント »