« 4月初めの庭の様子 | トップページ | H.エリックスミシーの終わり(その2) »

2011年4月15日 (金)

エリックスミシーの終わり

気がついたら4月になっていたという状態なのに、もう月半ばになり、庭はいろんなものがどんどん勢いづいて茂り、春爛漫の状態です。

このブログは更新がさくさく進んでいないけど、このところ、HPでは表紙の写真を頻繁に取り換えています。 →→ こちら

その表紙写真も、トップページの写真集 として写真を移動させてページを作っていますので、よかったら見てください。

↓これは今朝の写真4/15

110415w1

レンガを張ったテラスの花壇。

何度もお見せしているエリックスミシーがある場所です。

水仙は終わり、エリックスミシーも色が完全に変化して、終わりになりました。

ビオラとスミレは花数も増え、アジュガが立ちあがってきています。

↓4/13

110413w10a

光の加減なのか、色合いが↑こんな風に映りました。

緑色もいろいろあるんだなあと実感できます。

H.エリックスミシーは、今日お花を全部カットしました。

110413w10b

今年もたくさん咲いてくれて、本当にありがとう!

来年も頑張って咲いてほしいです。

110413w10d

同じ場所にある、アプリコット色のダブルのクリスマスローズは、今年はまるでお花が見当たらず。

前年度はいっぱい咲いたのに、カットせずにそのままにしていたので、今年は栄養がまわらなかったのかも。

今年咲かなかったら、きっと来年はたくさんお花をつけてくれると思う。

アジュガは2色あるのですが、立ちあがってきていて楽しみです。
紫色の花穂が出たら、上写真の場所も雰囲気と色合いが変わってきます。

いろんな場所が少しずつ変化して行って、一年を通してとても楽しませてくれますが、それには日々の手入れも必要。  頑張ります!

昨日は久々に都内へ出ましたが、暑いくらいでした。

3月11日の大地震の後、病院のお見舞いがあっで都内の国立へ出かけ、あと一度、義父の納骨で広島へ1泊した以外、まったくこの街から出ることもなく1か月を暮らしました。
3月後半に都内へ出かける予定が二つあったけど、キャンセルせざるをえなかったので、昨日は本当に久しぶりの都内でした。

渋谷はまるで何もなかったかのように、ごく普通の渋谷でした。たぶん。
変わらずに賑やかだったと思うけど、渋谷自体が久々なので、もっともっと人があふれているはずなのかも。

昨日は、パルコのpart1の9Fにあるパルコ劇場で、「欲望という名の電車」を見ました。

タイトルは有名なので知ってるけど、恥ずかしながらストーリーは知らなかったです。
役者さんたちの熱いパワーを感じるお芝居で、行って良かった!
衝撃の結末。

夕方、暗くならないうちに帰宅しました。遅くまでいて、大きな余震でもあったらやだし。

3月11日は、あともう少しで電車に乗って出かけているところだったので、危なかったです。
家を出るのがもたもた遅くて、あの日は本当によかったと、今思いだしてもそう思います。

このところ何人かの人と話をしましたが、自分が感じたり思っていたりしたことと、人が思っていることは、案外一致しないんだって、あらためてわかって、それにはちょっとびっくりでした。

一番のことは、うちの町で配られたお米のこと。

話をした人たちは、ほとんどが有難がってもらっていたので、私には驚き以外の何物でもなかったです。

3月下旬に義父の納骨で広島へ行きましたが、明日と明後日また広島へ行きます。義父の一周忌法要をします。

義父のこういう法要があると、私は何年も前に亡くなった私の父のことを思います。

|

« 4月初めの庭の様子 | トップページ | H.エリックスミシーの終わり(その2) »

ガーデニング」カテゴリの記事

ガーデニング11/04」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます~~
もう広島から帰られたかな~~
義父様の、一周忌ご苦労様でした~~
家も8月には、夫の一周忌がやってきます
早いものですね~~
庭の花は変わらず咲いていますが、人間の
運命のはかなさを感じる今日この頃です。
東北の地震でまるで違ってしまった運命に
立ち向かう方の、幸運を祈らずには居られ
ませんね、今日一日を大切にと思います。

投稿: 吾亦紅 | 2011年4月22日 (金) 10:20

こんにちは~ HPのお写真楽しませてもらいましたhappy01 ありがとうございます。
家はいつもどおりの生活になりつつありますが、いまだに避難所から通勤してる同僚もいるし、家族がまだ行方不明の友人もいて、花を植えたりするのがまだあまり出来ないでいます。
花みたいな生活必需品じゃないものを買うのは申し訳ないというか、うしろめたいような気持ちになってしまうのです。それでも室内越冬したものを外にだしたり、植えてあった球根が咲いたり、春は来ています。
津波にさらされた梅や桜も咲きはじめました。
被災した商店街も頑張っているので、買い物して応援するのも支援かな・・・と考え始めています。

投稿: ラテ | 2011年4月22日 (金) 16:06

bud吾亦紅さんへ
そちらも、夏でもう一周忌なんですね。
吾亦紅さん、いろいろと思いだされることも多いと思います。
義父はあれだけ我を通しとても大変な人だったけど、娘からも周りから良くされて、すごく幸せだったとは思います。
今回の震災は、津波での被害、それに加えて原発があったので、被災していないこちらでも本当に辛いです。人災の部分が大きい原発事故なので、この先何年もかかるし日本の将来にも及ぶことなので、余計にやりきれないです。
私はすぐに募金はしましたが、あとはきょうだいの支援をしているだけなので、これだけでいいのかと、よく思っていますが。。。
私は庭に癒されていますが、庭に逃げているところもあるんですよ。

投稿: minigarden | 2011年4月23日 (土) 01:48

budラテさんへ
HPも見てくださって、ありがとうございます。
ラテさんのところも大変ですね。テレビで日々見るにつけ、未だに泣けて泣けて仕方ありません。
お花をやるのは本当は贅沢なことなんだと、こういう時に感じます。
でもお花で生計を立てている方もいらっしゃるんですよね。。
被災地でお店等々を再開されて頑張っていらっしゃる人たちもたくさん出てきていると思います。
買いものをして支援、というのは、こちらでも最近はよく言われています。
皆が買い控えたら、つぶれてしまう所がいっぱいだと思います。

投稿: minigarden | 2011年4月23日 (土) 01:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月初めの庭の様子 | トップページ | H.エリックスミシーの終わり(その2) »