ガーデニング06/07

2006年7月30日 (日)

今年のポーチュラカ

昨日の夕方、オットが久々の出張から戻りまして、家に入るなり、「赤ちゃんは?」って言うんですよね。
もう、知ってるでしょう。26日に帰ってしまってますよ。

オットの留守中に、私が作ってあちこちに送りつけた”たまたん”の写真入はがきのことを話したら、「見せて」と言われたけど、パソコンに入ってると言ったら、夜さっそくパソコン開いて、これかあ、と。「写真他にもあるでしょう、見せて」と、またまた言って、マイピクチャを開いてたまたんの写真をうっとり見ているオットでありました。
わが子の時には、こんなことあったかなあ。こんなにデレデレメロメロのとろけ状態になるとは思わなかったですね。世の常でありますけれど、本当にジジ馬鹿になってます。・・・ま、私も似たようなもんかな。
で、お宮参りのことを娘に言われていたので、「お父さんは行かないって言うと思うから、涼しくなってからでも2人で(たまたんと一緒に)行ってきたら。だんなさんのご両親が行くといった、4人で行って来たらいいと思う」と話したことを伝えたら、「なんで(自分が)行かないって決め付けるの」だって。。。
え~いつもどこにも行かないって言うでしょ。たまたんのことなら、こんなに気分が変わるんですかねぇ。
お宮参りに双方のジジババがそろって行くって、それ、普通?わからないけど、行かないよねえ。お嫁さんの親があれこれでしゃばっちゃ、よくないよね。やめましょうよ。

お花の話が本題ですよね。
今年は玄関先にポーチュラカを4色入れました。それぞれ(確か)2株ずつ。
060729genkan13
白にローズ色の入った、絞り咲き。これは去年も入れてます。オシャレで気に入ってます。

060729genkan19
赤というよりも濃いローズ色の、八重のお花。ポーチュラカの八重、きれいです!

060729genkan22
黄色の真ん中にオレンジ色。バイカラーのポーチュラカ、可愛いです!

060729genkan24
白の八重。シンプルな白が、八重になると見栄えがします。

上のポーチュラカと同じく昨日撮った玄関前の花壇の一部。
060729genkan34
シデコブシの幹のそばに入れた、コリウス3色が沈んでるの。もっと立ち上がってくれないと、ペンタスに負けてバランスくずれてしまう。

060729genkan39
これ↑の手前が、こちら↓
060729genkan4

ポーチュラカはまだ咲き始め。
ピンチを数回やっていて、お花は遅いです。これからたくさん咲いて欲しいです!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

インパチェンスのダブル咲きとカリフォルニアローズ

インパチェンスがかなり前からずっと咲いているのだけど、アップしそびれて、今回が初めて。

バラ咲きのインパチェンスの一つが「カリフォルニアローズ」という名前で出ているけど、最初のは「ダブル咲き」とあるだけのインパチェンス。
名前は「カリフォルニアローズ」のほうが、ずっとおしゃれ。「ダブル咲き」じゃあ、そのまんまですもんね。
お店に並んでいた色は、カリフォルニアローズは微妙な色合いのものもあり、種類が多くて、選ぶ楽しみもあります。こちらははっきりした色目のものだけだったです。
でも、晩春にローズ色のを1株買ってコンテナに入れたのだけど、葉のグリーンもくっきりと濃くて、きれい。お花もとっても美しいです。
060719doubleinpa2
(7/19)

060719doubleinpa4
(7/19)

060724double2
(7/24)

060724double8
(7/24)


「カリフォルニアローズ」も数株あるのだけど、梅雨の初めに雨に当たり続けて、1株とろけてしまいました。情けなかったです~
残りの株が元気になってきてます。
「ダブル咲き」に比べたらまだしっかりとはしていなけど、6月末と7月に入ってからの写真があるので、それはこちら↓
060628calrose4
(6/28)

060707calrose2
(7/7)

「ダブル咲き」に比べて、株張りは大きいけどなんとなく弱弱しいので心配。もっと葉っぱに力強さがでてくるといいです。

まだ3週間ちょっとしかたってないけど、26日にお姉ちゃん(長女)が赤ちゃんのたまたんと一緒に都内の自宅に戻りました。
なんだか脱力している私です。
オットもちょうど26日朝、3日間だけど出張にでてしまったので、急に家ががらんとなった感じ。

たまたん、可愛かったですよ~
最初戸惑っていたオットも、メロメロになってまして、もっと長くいればいいのに、を連発していました。夜遅くに帰宅したときも、寝ている赤ちゃんをわざわざ起こそうとするんですよね。そういうことが何回もありました。

お姉ちゃんが持ってきた荷物がかなりたくさんあったので、迎えに来ただんな様の車に積み込んだら、「家がすごく広くなったね。荷物もってきすぎだったね。」とお姉ちゃん。夕方の都内の道路は混んでいて、家にたどり着くのに時間がかかったようだけど、たまたんはずっと眠っていたとのこと。おりこうさんだったね。
060726baby200

「また来るからね!」と言っていたけど、早くも会いたいです。
お姉ちゃん、一人で頑張って洗濯や沐浴や、他の家事をしてるんだろうなあ。だんな様はとても優しくて親切なので、それでかなり救われているかなあと思う。
最初はなにもできなかった娘だけど、だいぶてきぱきと身軽にやるようになった姿を見て、必要に応じて少しずつできるようになるんだなあ、心配することはなかったなあと、少しほっとしている母です。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

ステムレタスの花

今年はほんの少しだけど、サラダ用のコンテナを作っています。
作ってしばらく、暑くなる前までは、けっこう重宝してサラダにして食べていましたが、7月になってからは、虫がひどくてひどくて。
人が食べて美味しいものって、虫だって大好きなわけで、大の人間が、目にも入らないようなちっちゃな虫と競争しているわけです。
負けました。虫さん達の勝ち。

ステムレタスは茎が長くなるタイプのレタスの仲間で(というよりも、よくわからないけど、売り場にそう書いてあったんですよ)、葉を採っちゃ伸び採っちゃ伸び、という風に、だんだんと背高のっぽになりました。

書いたように、もう虫には負けておりまして、ほぼ8割がたコンテナを明け渡して降参しております。
今朝見たら、ステムレタスに小さな黄色い花が咲いていました。
060723stem1

060723stem3

枯れた花もたくさん残っているので、かなり前から花が咲いていたものと思われます。
全然みてなかったわけですね。。。

可愛いお花も見れたことだし、しばらくは葉っぱも味わえましたから、これで十分かなあとも思います。家庭菜園と言っても、うちのは人様にはお見せできないレベルだけど、こういう花を見せてもらえるのも、楽しみの一つと思えば、それで十分かなあと思います。負け惜しみ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

ギボウシの花とカサブランカ

毎日なんとなく慌しくしていますが、雨のせいもあって、庭をちゃんとチェックするのがおっくうにもなっていました。
気がつかないうちに、ギボウシ(ホスタ)に紫色の花が咲いていました。立ち上がってきつつあるところまでは、わかっていたのだけど。隅っこにあるので見逃すこともあります。

060720hosta2
ふちが黄色のが、「ギボウシ金星」。もう一つの、ふちが白いのは名前がわからなくなっています。

今日は雨も降ったけどそれは朝だけで、なんとなく明るかったり曇ったりのお天気で、雨で重そうだった葉も今日はすっきりしていますね。

060720hosta5

ベストの時期を逃すことも少なからずあるけれど、今回はなんとかうまく撮れました。
060720hosta6

060720hosta11

アップで見ると、ギボウシの薄紫の花は、とっても上品で美しいです。

せっかく雨が止んだので、玄関側の散らかっていた落ち葉(ヤマボウシ)を掃除しました。ぐるりと回ってギボウシと反対側の隅っこを見ると、カサブランカに白い花が!

060720casa1
こちらもちゃんと撮れてよかったあ~。
下の葉っぱがかなり黄ばんでいて、お花は無理かと思っていたけど、葉っぱの状態とは別に、花はちゃんときれいに大きく咲いていました。
もともと球根1つだけのカサブランカですが、すでに数年たっていて、今年は6つほど花が咲いています。うれしいです!


| | コメント (12) | トラックバック (1)

2006年7月19日 (水)

雨の庭◆ガウラ(白蝶草)

がんがん暑いよりは雨が降って涼しいほうがまだいい・・・だなんて、そういう呑気なことを言ってはいけないですよね。土砂降りのせいでひどい被害にあった地域が少なからずあるので、これは本当に大変なことです。

うちの南側の狭い庭は、大部分をレンガで覆っていて、土の部分よりも20cmほど立ち上がっています。地面のほうが低いということです。
そのせいもあって、雨が降っても水撒きしても、レンガ部分の水が全部低い地植え部分に流れ込んで、そこが必要以上にぐじぐじとします。湿気に弱い植物はテキメン腐りそう。

花壇って、フラワーベッドというのだから、歩き回れる土台部分よりも高くないといけないですよねえ。そこそこ高くて排水がよくないと、植物は元気に育たないでしょう。地植えできる部分が低いっていうのは、そういう意味では失敗です。

おまけに地植えのコニファーの根っこがどこを掘ってもすごくて、お花を植えるスペースが少ない。。。。
いきおい、コンテナが増えるわけです。(コンテナでごちゃごちゃになってるいいわけ)

コンテナの一部↓
060530con1
素焼きコンテナもたくさんあるけど、木製のもいくつもあります。
↑今年5月30日の写真。水色の花の咲くセージ、ピンクのガウラ、ブルーのロベリア、白のミニダリア、カカリア、ハツユキカズラ・・・が入っています。

↓7月1日の写真。横から。それぞれ伸びてきています。先っぽが赤いのがガウラ。ピンク花。
060701nishicon7


今、セージとガウラが、ものすごく背高になって、雨の中をゆらゆら揺れています。
ガウラは白蝶草というだけあって、長い枝の先の花が、名前どおり、蝶のように舞っていて、なかなか風情があります。

でも、このひどい雨でびしょびしょ。

本当は、ひらひら飛んでいるようなガウラを写したかったけど、写真を撮るのが難しいですね。
なにもこんなにひどい写真を載せなくても、とも思ったけど、これが現実なので。(笑)
↓7月19日朝
060719gaula1

ガウラだけじゃなくて、そばのいろんな植物が、雨を背負ってすごく重たそう。
060719gaula3

↓これも今朝。
060719gaula4

晴れていたら、もう少しすっきりしてますが、梅雨があけたらあけたで、葉っぱ類がまた茂ってくるので、ほおって置いたらこれよりももっとごちゃごちゃしてるかも。


びしょぬれのガウラだけじゃあんまりなので、↓矮性だけどこれもガウラです。6月の写真。こちらは背高にはなりません。
060603gaula450


| | コメント (6) | トラックバック (0)

雨の庭◆ブルースターとニチニチソウの京風車ぎおん

雨の日のほうが、実は夏は植物にとっては安心できるのかもしれないです。
今日は特にひんやりしているので、そう思うのかもしれない。
夏の暑さに強い花でも、真夏は花数も減り、さすがに疲れてちょっとお休み状態になるものがたくさんありますから。
梅雨が明けて、いよいよ夏本番になると、私もぐったりだけど、庭のどの植物もぐったりして見えます。

やはり今朝の写真。
これも何度か登場した、ブルースター。
060719bluestar1450

オキシぺタルム、別名 ブルースター。
熱帯原産の青い花。

今年初めて春にやってきたお花だけど、これって背高のお花なんですね。
植物の本を見ると、1m以上 とあるので、ああなるほどね、その通りです。

多湿に弱いので、1年草として扱う、と書いているけど、そうなんですか?
葉っぱにはうっすらとウブゲが生えていて、ハート型でなかなか素敵です。雨の中でも、しっかりし丈夫な花・葉に見えますが。花期は6~8月とあります。楽しめるのは、もう少しだけとは、残念。
ブルーの花びらだけど、薄い紫色になっていたり、ブルーに斑点が入っていたり、いろいろです。

060719bluestar2450

それから、ブログのお友達のお宅でも時々見かける、プロペラ咲きのニチニチソウ。
今年は、”京風車(きょうかざぐるま)”という名前のものを1株ずつ2種いれてみました。

ニチニチソウ京風車ぎおん↓
060719gion1450

ぼけぼけですいません。↓じっくり見てるとくらくらしてくるので、さっとだけ見てね。
060719gion3450

もうひとつ、京風車きぶね というプロペラ咲きのがあって、そちらは白っぽいお花。
この雨の中、あんまりぱっとしない咲き具合なので、写真はまたそのうちに。

それにしても、ネーミングが最近は凝ってますよねえ。ちゅらビンカもそうだけど、こちらの ぎおん(祇園)もきぶね(貴船)も。


今日はこれからもうひとつ、写真を載せたいと思っています。雨の中のピンクのガウラ。
パソコンが一日中空いているわけでもないので、どうなるかな。
ごはんのブログのアップも今日中にしたいと思っているので、できたら、ということで。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨の庭◆アゲラタムとパンダスミレ

”雨の庭”だなんて
タイトルだけはドビッシーみたい(笑)

タイトルどおりの音楽を思わせる素敵なお庭ならば、言うことはないのですが。
狭いお庭の小さな花を、しかもピントのずれたマクロで撮ってるだけのことなので、ドビッシーを持ち出したら大作曲家に申し訳ないですね。

まだ梅雨なので、連日雨、雨。
昨日今日は涼しいので、それだけは嬉しいです。
下は全部、今朝7時半頃に撮った写真。

060719agera450
コンテナに寄せ植えで入れているアゲラタム。青紫色が爽やか。
何回かピンチして枝数は増やしたつもりでしたが、もっと密集して咲いてくれたほうが本当は嬉しいです。
玄関花壇にあるアゲラタムのほうが、株は大きくなっていますが、これは寄せ植えなのでこれくらいでいいのかも。
一緒に入っている手前のハツユキカズラも、伸びた茎・葉がピンク色に染まっています。写真にはちゃんと入っていないけど、それはまたそのうちに。

今まで何回か載せたことのあるツタスミレ、別名パンダスミレ↓
060719panda1450

白と紫のコンビネーションの小さな花ももちろん可愛いのだけど、葉っぱが小さいながらもフキの葉のようで、しかも明るい緑色がとてもきれい。旺盛な繁殖力で、ツルをぐんぐん伸ばしています。

060719panda2450

雨に濡れて、いよいよ黄緑色が冴え、それこそしゃがんでじっと見ていると、そこだけ童話の世界に入ったかのよう。というのは、大げさかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

キキョウ

連日降っては止んでの梅雨時そのもののお天気で、雷様がひどく暴れた日もありました。朝からクーラーも珍しくはないですが、今日はどういうわけか、すこぶる涼しい。嬉しいです。

赤ちゃんがやってきて、はや1週間。
えっ、まだ1週間?もう随分たった気がしていましたが。

私は1年半前に、遠くて来られない姉の代わりに、妹と交代で姪の赤ちゃんのお風呂入れを何度かやっていましたので、おかげさまで今回の娘の赤ちゃんに関しては、もう現役のお母さん並です。(笑)
ああ、こんな風だったなあと、若いときを思い出しております。

最初なんとなく照れくさそうだったオットも、ころあいを見計らっては寝ている赤ちゃんに近づいていって、
「お父さんがだっこしましょう」
などど、20年ぶりに赤ちゃんを抱いてあやしたりして。
違うって!
お父さんじゃないでしょ。ジジでしょが。
まあ、キモチはわかりますね。私もおんなじです。私もオットもまだ若いつもりですもん。

ゆうべは遅かったので、今朝はゆっくりめでした。
雨の降ったばかりの玄関から新聞を取り、その後、すぐわきにあるキキョウの花を撮りました。

↓これは7月10日。咲き始めのキキョウ。
060710kikyo1
白とうす紫(ほとんどピンク)が3,4株ずつコンテナにありますが、これらは去年初めて買ったキキョウです。
キキョウって、もっと背の高い紫色の花だと思っていたのに、こんなのもあったんですね。あんまり可愛かったので、買ってみました。

冬は何もなくなってしまったのだけど、コンテナはそのままにしておきました。
春、小さなぽつっとした芽が頭を出し、大きくなってくれたのだけど、一度6月くらいにピンチしました。
よく分からなかったので、どうかなとは思ったけど、ちゃんと枝分かれしてくれて、今は花数もたくさん。

↓ここからは、今朝の写真。
060717kikyo1

060717kikyo2

060717kikyo3

060717kikyo4

これは矮性だけど、キキョウってやっぱり丈夫。
土の入れ替えもしてなくて、去年のままだったけど、こうやって咲いてくれているし、まだたくさん蕾がついていて、しばらく楽しませてくれそうです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

伏見甘長トウガラシ

数年前に初めて植えてみて、とても気に入った伏見甘長トウガラシ。今年も植えました。
花が咲いて、実が出来始めています。
060713amanaga3

今年使ったコンテナが、浅めの小さいものだったので、それがちょっと気がかり。心なしか、株が例年よりもこじんまりしている風にみえて仕方ないです。
でも、お花はたくさん付いているし、実もまだ小さいながらちゃんとできてきているので、収穫が楽しみですね。
060713amanaga4

この甘長トウガラシ、辛味はさほどじゃなくて、けっこう美味しいです。
シシトウは激辛だったりして、あたりハズレがあるけど、これはそういうこともなくて食べやすい。
てんぷらやかき揚げ、炒め物、パスタetc.と料理の幅も広いし、シシトウやタカノツメ同様に、丈夫で作りやすくて、家庭菜園ものとしてはものすごく初心者向き。
手間要らずで収穫も多いっていうのが、なにより嬉しいです。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

玄関前花壇

すっかり不精して、いったい何日振りの記事でしょうか。
いざ書こうとしたらメンテナンスが始まってしまっていて、また2,3日ご無沙汰してしまいました。
メンテナンスの少し前、記事をアップしたらなんとよそ様の記事と私の書いたものとが入り乱れた状態になったことがあり、あの時は驚きました。目が点になるっていうのは、ああいうのを言うんですね。そういうことはもう起こらないということかな。今後に期待です。

今年の夏の玄関前花壇は、まだしっかり育っていないのだけど、最初の予定とはかなり違ってしまいました。黄色は入れないつもりだったのに、どうしてこうなったの?

下から、薄紫のアゲラタム、黄色のメランポジウム
060710kadan1
別のところで使うはずだったものを、しょうがないか、とこちらに入れたのがいくつかあるわけで、ほとんど成り行き任せの計画性のない花壇ですね。
でも、そういう行き当たりばったりの植え方をしても、それがいい感じになったりすることも多いので、そういうのも面白いです。
060710kadan3

ペンタスは白、赤、ピンクを混ぜて使ったのだけど、株が大きくなりつつあり蕾が多くなってきているのが嬉しく、これからの期待も大です。ペンタスの株間に、ポーチュラカを入れましたが、色は3種か4種だったかな。ピンチばっかりしていたので、咲くのはこれから。もうすぐ。
060710kadan5
写真の真ん中あたりにある木はシデコブシ。その木のすぐそばにはコリウス3種。まだ小さいです。
ペンタスもたくさん蕾がついているけど、もっと大株になって花がたくさん咲いたら、かなり見栄えがするかな、と思います。花壇右側には、まだ何種類かのお花が咲いているけど、それはまた後日にでも。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

お出かけ | ささやかな収穫♪ | ひとりごと | インドの次 | インドの次の次 | インドの次の次の次 | インド・ネパール旅行だって?! | ガーデニング | ガーデニング05/11 | ガーデニング05/12 | ガーデニング06/01 | ガーデニング06/02 | ガーデニング06/03 | ガーデニング06/04 | ガーデニング06/05 | ガーデニング06/06 | ガーデニング06/07 | ガーデニング06/08 | ガーデニング06/09 | ガーデニング06/10 | ガーデニング06/11 | ガーデニング06/12 | ガーデニング07/01 | ガーデニング07/02 | ガーデニング07/03 | ガーデニング07/04 | ガーデニング07/05 | ガーデニング07/06 | ガーデニング07/07 | ガーデニング07/08 | ガーデニング07/09 | ガーデニング07/10 | ガーデニング07/11 | ガーデニング07/12 | ガーデニング08/01 | ガーデニング08/02 | ガーデニング08/03 | ガーデニング08/04 | ガーデニング08/05 | ガーデニング08/06 | ガーデニング08/07 | ガーデニング08/08 | ガーデニング08/09 | ガーデニング08/10 | ガーデニング08/11 | ガーデニング09/01 | ガーデニング09/02 | ガーデニング09/03 | ガーデニング09/04 | ガーデニング09/05 | ガーデニング09/06 | ガーデニング09/07 | ガーデニング09/08 | ガーデニング09/10 | ガーデニング09/11 | ガーデニング09/12 | ガーデニング10/01 | ガーデニング10/02 | ガーデニング10/03 | ガーデニング10/04 | ガーデニング10/05 | ガーデニング10/08 | ガーデニング10/10 | ガーデニング10/11 | ガーデニング11/01 | ガーデニング11/02 | ガーデニング11/03 | ガーデニング11/04 | ガーデニング11/05 | ガーデニング11/06 | ガーデニング11/07 | ガーデニング11/08 | ガーデニング11/09 | ガーデニング11/10 | ガーデニング11/11 | ガーデニング12/01 | ガーデニング12/03 | ガーデニング12/04 | ガーデニング12/05 | ガーデニング12/06 | ガーデニング13/01 | ガーデニング13/03 | ガーデニング13/04 | ガーデニング13/05 | ガーデニング13/06 | クッキング | グルメ | トールペイント | ネットショッピング | パソコン・インターネット | フラワーアレンジメント | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歌舞伎 | 演劇 | 美味しいもの